FC2ブログ

妄想は理想 またはその逆。

背中のほくろが、いつの間にか大きくなっていた。
目に見えない場所だから、何年もかけて大きくなったのかもしれないし、急に成長してしまったのもしれない。ただ、最早、着替える時にやたらと爪を引っかけるようになってしまって、その度に嫌な痛みが走るのでどうにも気になってしまって、取ろうかなあと思うに至った。

「ほくろ 除去」で検索すると、美容外科のサイトがわんさか引っ掛かる。(一度検索かけたばかりに、それ以来、スマホの広告はこればっかりだよ・・とほほ)
しかし、たぶん近所の皮膚科に行くと思う。何故ならば、彼ら美容外科のサイトがあまりにも酷かったからだ。
サイトの中では、美しいモデルが、屈託の無い笑顔でこちらを見ている。しかし、彼女の顔には、数十個の黒い点が描かれている。まるでほくろのお化けである。そして彼女は言うのだ。「そのほくろ、そのままで良いの?」と。満面の笑顔で。

反吐が出そうになった。
こんな最低なセンスの広告を出すクリニックにはどうしたって行く気になれない。

だいたい、私はこの手の広告が大嫌いなのだ。他人の髪質、体毛の毛深さ、髪の毛の量。
「夕方になると同僚がアゴを見てくる」とか、「クールビズで腕の毛深さに視線を感じる」とか、メンズエステも「あなた自身が気にしなくても周りの女性達はあなたの容姿を評価しているのですよ」とアピールしてくる。少なくともうちの会社では夕方の同僚のヒゲの伸びなど見ているやつは居ないし、体毛の濃さなど誰一人気にしていない。気にしていたとして、少なくともそんなことは表に出さないし、ほんとどうでもいい。

こういう身体のコンプレックスを他人の視線で強調するのは大嫌いだ。
美容外科にしてみれば、「人は他人の外見になど対して興味がない」という事実は邪魔だから隠したいのだろうけれども。

何故こういう文句を言っているかというと。(ホクロ広告が五月蠅いのもあるが)
私が性的に欲情するタイプの人がますます減ってしまったらどうしようと思うからです。
ポルノビデオの選択条件は、
「肉付きのよく」「頭髪の無い」「体毛の濃い」人なのだ。まったく。余計な事してくれるなよなー(怒)残業上がりの恋人の、うっすら青くなったアゴなんて、むしろ萌えポイントだよネ??

文句ついでに書いてしまうけど、ポルノビデオは女優のクレジットは出ても男性俳優の名前は出てこないことがほとんどで、どんなに好みの人がいても、追いかけるのがすっごく大変。(LA拠点の人と東京の人一人ずつしか分からない現在)

何が酷いって、今日の自分の日記が一番ひどいわ。あーあ。
DSC_0813.jpg

こういうのがイヤ!!何度でも言おう。ワイシャツから覗いた腕の毛は萌えポイントだから!
(賛同女子求む)

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

網走

土曜日。野外イベントの仕事を引き受けたのだが、まるで台風に追い立てられるようであったよ。秋はどうしてもパレードやコンサートやら、どうしても秋晴れを狙ったイベントが続くのだが、それにしたって打率8割5分くらいなものじゃないだろうか。インドアなら10割なのに。
DSC_0274.jpg
しかしとにかく、今回は無事に終わり、帰り際、「余ったから持っていきな」と、駄菓子セットをもらった。わー。ビッグカツとか、何年ぶりだろう。
DSC_0277.jpg
「いかあしあられ」のアピールに萌える。がんばりポイントが分かってるので、真っすぐなあられを手にしては「さすがだな!やるな!」と言えるし、ややバナナっぽい曲線のそれには「おしい!ドンマイ」と応援できます。

大きな芙蓉のつぼみ。
DSC_0210.jpg
翌日の朝。咲いて、夕方には萎んでしまうのではないだろうか。花の中心の濃い赤が好きなのだが、めったにお目にかかれることはない。(持ち主の方がしじゅう植物の手入れをしているので、しおれた姿すらも見たことはないのだが。一枚目もそうじゃないかな。花弁が取り去られている。さすがである)
C_0268.jpg
それにしても、涼しいを通り越して、寒い。
そういえば、網走から届いたコーヒー豆があったのを思い出す。
夏の間は冷たい飲み物ばかり飲んでいて、しばらくぶりにお湯を沸かして、開封したてのコーヒーの香りを嗅ぐ。
もう、コーヒーを淹れることが久しぶりすぎて、ドリッパーを洗ったりフィルターを探したり、いちいち手間取る。
ハイチで採れた豆を網走の焙煎所が買う。小さなお店で曳かれたコーヒーは、網走の町で飲まれているのが普通だろうに、紆余曲折を経て、荒川区のぼろアパートまで旅をしてきたのだ。ずいぶん遠回りだ。
ほのかな酸味と果物のような香りは、インスタントコーヒーにはない癖でもある。

今夜は中野の新井薬師前で大雨の中を神輿が練り歩いていた。経験者によると、「意外と雨が涼しくて気持ちいい」そうである。神事だものね。日頃の行いによっては、神様が雨でも気持ちよく担がせてくれるのではないかなと思ったり。第怪獣サロンの前を素通りしたのは惜しかったな。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

ウサギ水着を買う

IMG_1218.jpg

IMG_1243.jpg
水は澄んでいて、身体を水に浸けていると、井戸におろしたスイカやトマトのような気分になって大変に気持ちが良い。あるいはキュウリのような。
IMG_1233.jpg

IMG_1241.jpg

IMG_1258.jpg

IMG_1219.jpg
流れが速くて、へっぴり腰。
IMG_1265.jpg

IMG_1266.jpg
それにしても、こんなに水着が似合わないとは知らなかった。
この夏は競泳水着の水着の女性たちの写真をずいぶん見たものだが、そういう写真は美しい女性が着ているから似合うのであって、まあしょうがないよねー。(ため息)
brog IMG_1286
とはいえ、この夏はこの場所で二度も気持ちよく水遊びができて、幸せであったよ。
IMG_1194.jpg
6月に麦がたわわに実っていた畑に、蕎麦の花が満開である。
きっと今頃は、そろそろ収穫の時期かも知れぬ。

Photograph by 淳

テーマ:脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ - ジャンル:アダルト

下谷のアヒル

上野のこっち側って、来たことないなあ。
DSC_0578.jpg
黒猫館も閉店してしまいましたね。そんなお洒落な名前だったとは知らなかった。

DSC_0579.jpg
この看板もまた、長年気にはなっているのである。この機会にかなり距離を縮めたものの、ショーウィンドウを見るに、ますますお店に入る勇気が減っていく。パンダが誘ってくれるけどちょっと無理かな・・とにかく肝推しのヤツメウナギ屋である。魚屋で見ないよね。本体はどんな味がするんだろうか。肝でこの大きさならサンマくらいの大きさはあってもよさそうな・・と検索したら、いろいろ大変なことになっていた。完全にホラー。このヤツメウナギの缶はかなり可愛く描いてあることが判明。横顔が可愛い女の子ってこんな感じか。ちなみに、かば焼きで食すといけるらしい。かなり苦くて酸っぱいらしいので、今後食べなくてもいいリストにそっと入れた。
DSC_0580.jpg

もうちょっと歩くと、下谷神社。
DSC_0571.jpg
いいかんじの建物が軒並み残っている。ここは鳥居の内側の町だ。
DSC_0570.jpg
お兄さんたちの笑顔がめっちゃ良かったんですよね。

神社に住むアヒル。かなり長寿か?人気者で着物のお姉さん方に囲まれているが、頭を撫でられるのに辟易したのか、じきに逃げ出した。たぶん3秒くらい。

Duck of the Shinto shrine from nezumiko on Vimeo.


ハトが手水を使っている。奥の看板の女子がぎょうさん可愛い。これも3秒くらい。

A pigeon from nezumiko on Vimeo.


テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

蘭の花が咲きまして

ボディペイントも、撮影も、全て、369/Linkoさん。(twitter‏ @linpispis )


rinko from nezumiko on Vimeo.



じっくりと、背中に蘭を咲かせてもらいました。わーい!
DSC09902.jpg

DSC09888.jpg

DSC09896.jpg

DSC09880.jpg

DSC09872.jpg

DSC09864.jpg
模様が見やすいように、加工してみたり、そのままだったり。
DSC09861.jpg

DSC09848.jpg

DSC09857.jpg

DSC09837.jpg
近いうちに、新しいアートの形をお披露目していただくことになりました!
情報解禁をお待ちください♪

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク