FC2ブログ

日常にある愛おしいもの

DSC_0694.jpg
月夜の下で、カーディガンを羽織る像。
DSC_0693_20180523214422bae.jpg
駅前にあるんだけど、たまに、誰かが着せてるみたいなんだよね。

今月は、お菓子当番。(うちの会社には、取引先とかお客様から頂いたお菓子を配る係が輪番で回ってくる)
DSC_0692.jpg
というわけで、クッキーを配っていたらビミョーに数が足りず、自分のぶんは無しにして、この缶だけ貰ってきたの。
カワイイよね、これ。捨てられなーい-。持ち帰ったものの、入れるべきものに悩む。本末転倒。そういえば、実家の母親はクッキー缶を針箱にしていた。でも、これじゃ大きすぎるよねー。何入れようかな。

スーパーマーケットでエビを買う。
DSC_0691.jpg
お恥ずかしい話であるが、殻付き、生のエビを買ったのは生まれて初めてだ。
甲殻類アレルギーの家族がいたから、上京して一人暮らしするまでエビ厳禁だったし、自分のためにエビを買うなら冷凍のむきエビで十分だったし。しかし、せっかく友人が夕食を食べにくるので、少々奮発してもよかろう。(っていうほどの値段じゃない)
エビの殻を剥くのも不安だったが、案外簡単である。それにしても、こうやってると虫みたいですよね(脚のあたりが)
殻としっぽをはずして、その殻としっぽを胡麻油で炒める。あっという間に赤くなって、香ばしい香りに包まれる。水を半カップ加えてダシを取り、卵6個と合わせる。キャベツとエビ、生キクラゲをニンニクで炒めて、一度皿に取り出して、フライパンでエビ出汁の卵を炒める。トマトを刻んで、エビと野菜を入れて合わせたら出来上がり。

ヒントにしたのは、近所の中華屋さんで食べたコレなの。
DSC_0187.jpg
見た目はこっちのほうがおいしそうだけど、味はいい感じ。(自己満足)
うちで作る料理は野菜どっさり入れたくなるのは、これも母親の血が流れてるからだと思う。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

香り

たった一人、仕事場で楽器のメンテナンス中。一人なのをいいことに部屋の照明を付けずにいたら、いつの間にか手元が見えなくなっていた。預かった楽器はかなりの年代物で、かなりクリーニングのしがいのある代物だった。部品を全て外して殻だけにしてから、内部を洗浄していく。まるで油粘土のようのな汚れの塊をいくつか外に排出したところで、事務所からの内線呼び出し音が鳴った。

まだ遅い時間でも無いのに、この日は疲労感でぱっと立ち上がれないくらいだった。内線はドアの傍にあり、迷路のように棚の並んだ部屋をくぐり抜けないと受話器までたどり着けない。水の詰まったプラスチックバッグみたいにぐんにゃりと重い体を無理やり起こして直立させて、部屋のライトを点け、受話器を取った。

ふと、自分の胸元から花の香りが薫った。
朝、思い付きでつけた、僅かなパフュームの香りだ。一瞬で意識がすっきりとして、体が軽くなる。
DSC_0669.jpg
この日は日本酒のイメージの香水。最初から最後まで、軽い。
隣にあるのは梨の香り。勝負事の時にお守りとしてつけたり、夜遊びする時もこれ。ラバーキャットにも合う。
今はほとんど、この二つしか付けていない。(買った時には好きだったんだけど好みが変わったりとか。そういう勿体ない感じのことって、ありませんか?)
香水は、自分のオフの時間に、愉しみとしてつける。仕事場では機械油にまみれる作業が多いので、わざわざ香りはつけないのだが。この日は、本当に朝の気まぐれにつけたんだよね。まさか、体調不良に効くとは思わなかった。好きな香りは、パワーをくれることがあるんだな、と思った出来事。

帰りに、新橋の駅前ビルの地下街に寄った。ゆりかもめっぽいところ。
IMG_2705.jpg
こんなにレトロで落ち着く雰囲気の場所があるとは知らなかったよ。地下に潜ってみるもんだね!
IMG_2703.jpg
クリームソーダが飲みたい。
IMG_2702.jpg
お腹の調子がイマイチだったので、お茶漬けをサラッと食べました。
IMG_2706.jpg
お酒の飲める体に生まれたかったなー。ちぇ。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

Mirror mirror on the wall, who's the fairest of them all?

Mirror mirror on the wall, who's the fairest of them all?

zentai girls from nezumiko.z on Vimeo.

20秒のビデオ。こちらはパラパラ写真「では、ない」。←毎回、紛らわしくて申し訳ない。

こっちがいつもの、コラージュなビデオ。

parapara 完.mp4 from nezumiko.z on Vimeo.


そのシーンの「最初の一枚」って、占いみたいなもの。
DSC01612.jpg
初対面じゃないんだけど、お話したこともあるんだけど、この日mokoさんとは初めてきちんとマスクオフして話ができて、そして改めて「第二の皮膚」に包まれる。こんなに親密な空気を残すことができて、やっぱりゼンタイは魔法の衣だと思う。
DSC01617_20180315214518155.jpg

DSC01623_20180315214518417.jpg

DSC01622.jpg

DSC01627_20180315214529b8e.jpg
モデル:moko , nezumiko
撮影協力:kuma , usa

DSC01631.jpg

DSC01629.jpg

テーマ:脚フェチ・パンストフェチ・タイツフェチ - ジャンル:アダルト

アオザイとストッキング 後編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko

ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク