FC2ブログ

Behind the scenes

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

草原の恋人たち

1498431145020.jpg
緊縛写真の裏側には、いつも縛っている人がいるはずだ。

ほら、このように。
1498431220159.jpg

リアルな関係が浮かぶ。互いにしっかりと見つめあって、こんなことをしている人たちが目の前にいて、もう死んでもいいと思いました。
1498430849552_20170815152850476.jpg

こういう写真を撮らせてもらえることが幸せだなと。
1498431196500.jpg

bloggif_599297706b6c9-iloveimg-compressed.gif
撮影させていただいたSさんとAさんに、心より感謝をこめて。
DSC_0928.jpg
Aさんからは、なんとお手製の柿とベリーのお酒も、いただいた。
柿のお酒は極上品である。柿の香りはジャムにしても出にくいものだが、洋酒の香りとあいまって、何とも芳醇である。これは真似したいものだ。ベリーのお酒はスピリタスに漬けたそうで、やはり香りが良い。こちらはあっという間に飲んでしまった。




テーマ:SM・緊縛 - ジャンル:アダルト

アイシャドウ 結

前編 アイシャドウ 1
http://happymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-831.html
中編 アイシャドウ 2
http://happymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-832.html

DSC04536.jpg

DSC04431.jpg

DSC04402.jpg

DSC04414.jpg

タンブラー1011
縄を解く時には、男は汗にまみれていた。
大輔さん、と、私が呼びかけると、男はしばらく黙ったままだった。

「大ちゃんと呼んでくれないか」と、囁くように言ったのは、もう、後手の縄が残るのみであった。
背中に男の熱を感じながら、私は言った。
「大ちゃん」

「瑞江」
男は唸るように叫び、私は強い腕に抱かれた。
私は、彼の腕を手のひらでそっと包んだ。一つの塊になるかのように、肌を合わせる。男の熱が私に伝わり、私もまた、肌がじっとりと湿ってくる。薄い浴衣が二人の液体を一つに混ぜ合わせていく。
DSC04528.jpg
男がゆっくりと離れると、私は自分の役目が終わったことを知る。
「ありがとう。君のおかげで、瑞江との時間を取り戻すことができた」

「こちらこそ。忘れがたい貴重な体験をさせていただきました。ありがとうございます」
ふと、思いつきを口にした。
「瑞江さん、初恋の方だったのでしょう?」

「お見通しだな。よく解ったね」
「いえ。幼馴染だったんですか?」
安心して、そんな馬鹿な質問をしてしまった。

「妹だ。最愛のね」

豪華夕食付の温泉宿をキャンセルして、東京行きの新幹線に飛び乗ったのは言うまでも無い。
口は災いのもとだ。私が余計なことを問わなければ良かったのだ。
男の言葉が真実か虚言かはわからない。ただ、せっかくの休日に粘り気のある兄弟愛を持ち込みたくはなかっただけだ。


ランキングに参加しております。よろしかったらひと押しなりとしてくださいまし。

テーマ:SM・緊縛 - ジャンル:アダルト

覗き見る

DSC08911.jpg
K教授から渡されたメモに従い、屋根裏から洋箪笥に忍び込む。
隙間からベッドルームを覗くと、女の背中がぼやけて見えた。教授の妻であるI子に間違いは無かった。
DSC08912.jpg
目が光に慣れると、その背中は何も身につけていないことが見て取れた。
そればかりか、異常なことに、I子の身体にはきつく麻縄が巻かれ、手首が後ろ手に縛られている様子である。

手元のイコン・ツァイスには、二時間前、同じ部屋でI子と二人きりで過ごした時の写真がある。
体を小さく屈め、洋箪笥の隙間から撮るのとは違う、自由に動いて彼女の姿態を思うさまファインダーに収めることができたのだ。
しかし、今、自分の感情に正直になるならば、決して音を立てずに、教授とその妻のこれからの姿態を収めねばならない、その任務に自分は興奮を覚える。
彼女の身体の、驚くべき性能を知ってしまった今では、尚のことである。
DSC08900_20170722195059bfd.jpg

DSC08887.jpg
photo by Jun.
今月27日は、鹿鳴館サロンのイベント、谷崎潤一郎の「鍵」の感想会に行ってみようと思う。
谷崎の文章はどうにも読みにくくて避けてきたのだが、この小説に関しては平易な日本語でもあり、読みやすい。

もちろん、上の駄文は「鍵」とは無縁のものだ。
「鍵」を読んでいて、ずっと既視感があったので、そのイメージを書き留めたにすぎない。

数十年前、欧米での事件で、屋根裏に間男を住まわせ、何十年も同居していたという話を読んだことがあった。
大変に興奮したのだが、結局、夫の死後、間男と晴れて結婚した女は、年下の新しい夫との生活が上手く行かず、あっという間に破綻したという。
数十年、その不自由な生活に耐えてなお余りある、男の異常な享楽のみなもとは、その「覗き見」だったのだろうか。

さてと、次は「卍」を読んでみようかな。

鹿鳴館サロンHP
http://rokumeikans.net/index.html

テーマ:SM・緊縛 - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク