FC2ブログ

20年間、同じパートナーとSMをするということ

プラタナス・マロニエ。
知る人ぞ知る、SMラバーなお二人である。
二人は徹底したハードプレイを行ってきた。
たとえば、縄やアナルファックは言うに及ばず。フィストファック、殴打、ペンチ、スカトロ、W&M、ゴム板(堅い。太ももなどを叩くのに使うらしい)タワシ(関連記事はこちら)などなど。低温ローソクや所謂SMグッズは使用しない。羞恥プレイなど無用、という硬派にして工具派の真性SMラバーである。

続きを読む»

テーマ:SM・緊縛・写真 - ジャンル:アダルト

Couple

数時間前、twitterで「これからカップルさんの撮影に行ってきます」と呟いたばかりだ。
リアルタイムで、本当にまだ半日も経たない間にここにアップできるとは思っていなかったな。

続きを読む»

テーマ:無修正動画 - ジャンル:アダルト

工房はな~鉄の爪~

Sさんが、「鉄の爪」を4本嵌めている。
私たちマゾビストの側からすると、別の生き物・・昔何かの本で読んだ悪魔の絵にそっくりになる。
鉄の匂いは、血の匂いとそっくりで、顔中撫でまわされるだけで、恐怖でおかしくなりそうです。
爪は一本一本尖り具合が違うので、その痛みも、傷痕も、それぞれ違う。
喉や下腹部を切り裂いて欲しくなるのはマゾの習性です。

3

私たちマゾ女2人組は鉄の感触をたっぷり堪能して、シアワセな時間を過ごしました。
でも、どうやら使った本人は怖くてそれどころではなかったらしい。
「おまえら、2人ともスゴク気持ち良さそうだけどさ。」
「こっちは、顔が動くたびに冷や冷やして勃つどころじゃなかった」

憔悴してました。

確かに、彼がコントロールしたところで、スイッチの入ったマゾ女の反応ほど読めないものは無く、よほど頭を固定する拘束をしない限りは、顔は避けたほうが無難かもしれません。

そのかわり、胸や背中なら大丈夫。
senaka
(いや、これくらいの傷が付いても良い、っていうことならね。
胸はものすごく、気持ちいい。そのまま切り裂かれちゃいたくなる。

二の腕、太もも、足の裏、全身が鳥肌でいっぱいになります。
喜作さん曰く、「ガリガリ引っ掻くよりもそっと使ったほうが気持ちいい」そうです。
それですまないのがサディストっていう生き物だとは思うんだけど。
それに、そんなサディストが大好きなのも、マゾ女たる所以だとは思うんだけど。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

オリジナルAV

細く長い脚。
彼女の一番魅力的なところだと思っている。
チャーミングな表情や、華奢な身体に似合わぬ立派なおっぱいもそうなんだけど。
彼女がどんなにセクシーな衣装を纏っていたか。

一年ぶりに撮った、彼と彼女の時間。
一度きりにならずに、再度、撮影のチャンスを与えてくれたことに本当に感謝している。
撮影といったって、本当にものすごく個人的な空間に入り込んでしまうのだ。
カメラを持つ自分が緊張するけれど、撮られる二人だって、身構える。
当たり前のことだ。
だからといって、「もういちど撮ってみる?」と声をかけてもらえるかどうかは解らない。
最初よりも2度目、3度目と回を重ねるごとに深い場面を追うことが出来る筈だと信じて疑わない。
いくら小さい鼠でも、やっぱり最初は目障りで、そのうち慣れる、と思う。
RIMG0059.jpg

続きを読む»

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

sm撮影

嬉しい嬉しい!smプレイ撮影に行ってきた。
今回は何と、祝!初セックスシーン!!を撮りましたっ
無骨な黒いデスクの上で、しかも腹を殴りつけながら、という何ともハードボイルドな愛の営みでありましたが、胸が熱くなるよりも先にハアハアしてしまった点が反省である。
(何故か自分も、おへその周りに赤い跡をお土産に持ち帰った)

続きを読む»

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク