FC2ブログ

夏の冒険 【複数 ⑤】

彼と彼女のセックスを眺める。
当たり前というか。さすがに嫉妬はしない。まだ出会ったばかりなのだから。
でも、彼のセックスの仕方はとても丁寧で情熱的で、大好きだと思った。
彼女の喘ぎ声も、とっても可愛らしくて、ドキドキする。
(すごく女の子にキスしたかったんだけど、まあ、まだ早いかなとか思う。そういう理性を保持できるのも複数の面白いとこだと思います。)

私は、少なくとも女に対してはマゾじゃない。
鞭で叩かれても何とも思わないし、腹も立たないけれど・・きっとビンタされたらやり返す。
そんな感じ。

「ものすごく楽しかった?」と問われれば、答えはNOだ。
やっぱり、彼女に負い目がある。
彼女を楽しませてあげたいと思うけれど、その一番の方法は私がこの部屋から出て行くことに他ならないわけで。

何だか後ろ向きな記事だなあ(笑)
我ながらズルいと思う。だって、「多頭」の男と、「玩具」の立場で遊んでみたいと言ったのは自分なのだ。
彼は、その言葉に乗ってくれたわけだから。

もしも、立場が逆だったら。
私が奴隷で、彼女がそれ以下の存在だったら、間違いなく、顔面蒼白だ。
留保抜き、備考抜きの完全否定形で、ホテルを飛び出していたと思う。
だって、女の子なんて、踏めないよ。
百叩きには耐えられても、おまんこやお尻を舐められるのは耐えられない。
これはマゾだからじゃなくて、気色悪い、気持ち悪い、そこは舐めるとこじゃない!っていう
ものすごく身勝手な羞恥心からです。自分はお尻の穴を舐めるの好きなくせにね。
幸いにしてSMプレイでマゾが舐められることは無いので安心して身を任せていられる。

テーマ:えっちな体験談・告白 - ジャンル:アダルト

夏の冒険 【複数 ④】

すごくトイレに行きたかった。
部屋に入るなり駆け込んで、出てきたら彼はもう下着だけの姿になっている。
彼女は、彼のスーツをきちんと仕舞っている。
私はお風呂の準備をする。お湯の温度を2人に聞く。(二人の答えがかけ離れてなくて良かった)
彼の裸を見たのはこれが初めて。
想像していた通りの体躯。
衣越しにも、鍛えた跡が残されていたけれど。


「紹介して下さい」
彼に頼む。何しろ、30分前に初めて顔を合わせたのだ。
(声は電話越しに聞いた事があったけど)
名前と、彼との関係。
「お前は自分で紹介しろ」
本名を名乗る。
彼と会ったのはこれで3回目。
セックスはまだ。
語るべきことは殆ど無い。シンプルな関係。


彼は、彼女と私の間に上下関係を持ち込んだ。
彼女は先輩で、私は玩具。
彼女は私を鞭で打ち、私は彼女の体中を舐めた。足の先から、おしりの穴の中まで。
彼は彼女を抱きかかえてベッドに座り、私は床で二人の足を暖めた。
セックスをした。
彼との始めてのセックスは、きっと一生忘れない。
彼女のお許しを得て(苦笑しながらも、「20回だけなら」といってくれた)
その他にもきちんと差別を加えた上で、彼は私に「背中を向けてベッドに手を突け」と言った。
立ったまま、セックスした。
「感じる」とか「感じない」とか、そういう表現が適切じゃない行為みたい。
何ていうか・・ほら、子どもがお風呂の中で数をかぞえたりするような、そんな感じ。
彼女は口に出して「いち、にい、さん」と数える。
私も数える。「じゅうはち、じゅうく・・にじゅう!」

テーマ:アナルSEX - ジャンル:アダルト

夏の冒険 【複数 その前のこと】

「天ノ介」さんの工房に連れて行ってもらった。
巣鴨にある、SM専用の革製品・・例えば鞭とか、拘束具とかそういうものを製作・販売しています。
もっと暗くて、怖い場所だと思っていたけど、そうではない。
上手な賞賛の言葉が見つからないけど・・ええと・・工作室みたいな部屋です。
たくさんの工具。金具。槌。旋盤みたいな機械がいくつか。
わくわくする。

本当は、商品の鞭や枷に興味を示すべきところを、それ以外の絵や写真や、工具類に目を奪われてしまい、客としては最悪である。(ごめんなさい)
あ、でも、あのケインは欲しかったなあ。記念に買えば良かった。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

夏の冒険 【複数3】 追記あり

「夏の冒険」は時系列ではなく、観点別に記録しています。
他人様のブログを拝読していても、なかなか複数プレイの記述にお目にかかることは無い。
実際に体験してみて、確かに難しいと感じる。
切り口が一つじゃないんだ。
闇鍋のように混沌とした感情と、身体の反応。
決してキレイごとばかりでは無いし、「しがらみ」ってものもある。当然ある。
今回の出来事はハプバーのようにその場の偶然性によるものでもなければ、計画的に第三者を含めたものでもない。

ある男の子と、彼のパートナーの女性と、私の一夜。

ジェラシー、っていうよりも、居心地の悪さみたいなものがあった。
一夜が明けて、服を着て、外に出てからのことです。
背の高い二人はすっごくお似合いで、その瞬間にものすごく居た堪れなくなった。
今すぐに自分の存在を消しゴムで消したい、と思った。
(決してもう一度味わいたい感情では無いが、おかげで引き出しが一個増えた。貴重な体験です)

2016年の追記。
今思えば、この当時の男性の計画が甘かったんだろうと思う。
彼にとっては二人とも親しい関係であり(心、身体どちらも)
だからといって、女ふたりは初対面であり、
しかも、どちらも複数プレイをしたことがなかったという。
そりゃあ、失敗するよね。

で、今もしタイムスリップ出来たとしたら、
お風呂場で、彼女の「こういうの、本当は嫌」」という気持ちを聞いていたのなら、
お風呂上がりに帰るのがベストな選択だったなと。
二人にさせてあげればよかったなーと。

自分も青かったですね。
複数で楽しむのは、スキーでいったら上級コースなのだから。
お互い、すごく気を使って、それがお互いにバレないようにできなきゃ、なかなか楽しめない。
その場限りの関係ならともかく、その後も身体を馴染ませながら楽しむつもりがあるのなら。
面倒くささとか、手間ひまとか、時間とか、それなりのお金(食事や場所)をかけて、それすらも楽しむやり方のほうが、安心できるので自分は好きです。
追記おわり。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

夏の冒険 【複数のチャンス2】

彼女は、彼の奴隷であった。
そして、奴隷さんのミッションはとっても成功したようだった。
それなのに、終わって戻ってきたら何だか一匹、変なのが付いていて
しかもホテルまで付いて来ちゃったのだから、「変な一匹」としては大変心苦しく申し訳ない感じ。

そう思うなら帰れよって言われそうだけど、「ずうずうしくてごめんね!」と言うしか無い。

奴隷さんは、若く美しいお嬢さんだ。
彼女の年代の自分を振り返ってみると、とてもこんな冒険なんて出来る度胸も無かった。
妄想だけで、まだ道を踏み外してもいなかった。

彼女は私よりも随分と若く見えたが、きっぱりと「先輩」としての態度を終始崩さなかったのはさすが!!
翻って自分は全く「後輩」らしくない態度で申し訳なかったと思う。
先輩奴隷に失礼がないように振舞う、というより、「ご主人様」に恋している健気な女の子が苦しくならないよう、ひたすら心身を滅却。人畜無害なその辺の静物のふりをしてみたりとか、こっそり足拭きマットのつもりになってみたりとか、そんなふうに、一晩を過ごす。

ついでにあわよくば、「お友達になってください」コールを送ろうと思っていたのだが、もちろんほぼ全ての試みが失敗した。

【現在までの勝敗・・1勝1敗1不戦敗】

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

夏の冒険 【複数】

はじめて女の子の身体に触ってしまった!!

あちこち、触ったり、舐めたり。
初日にしてかなりの進捗である。

【よかったこと】出っ張りが大きくないので、齧る心配が無い。
(ペニスも、乳首とかクリトリスくらいの大きさなら「痛い!」とか言われずにすむと思う)

【やっぱり難しいこと】
「うーん、50点かな~」←女の子談。

かなり腰が引けつつも、がんばってみたんですが。やっぱりダメでしたか。
でも、女の子に触ったことなんてないんだもん!!
日頃からちゃんとオナニーしておけば良かったんだろうけど。
(そんなツケが回ってくるなんて、まさか思ってません)
油断大敵。

男の子にお手本を見せてもらったけど、うまいよねえ。
自分の体じゃないのに。
経験値の違いに負けた感あり。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

ラバー!

ドアを開けたら、こう。
296.jpg

『ラバーの世界にようこそ』

続きを読む»

テーマ:コスプレ・コスチューム - ジャンル:アダルト

残暑お見舞い、申し上げます。
waterworks

続きを読む»

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

女王様 Ⅱ

九条玲さんによる緊縛と撮影、後編
2010 08 04 049

彼女のサイトを見ていると、写真がとにかく格好良くて溜息が出てしまうのだが、やっぱりそこは女王様であるからして、かなり威圧感のある女性をイメージしてしまうのは不可抗力とも言える。
(ボクシングの強烈なエピソードがあるし!)

042.jpg

実際にお会いしたリアルな九条さんは、とてもキュートでチャーミングな女性でした。

045.jpg
一番びっくりしたのは、声!めっちゃカワイイんです~~♪

2010 08 04 054
女王様の笑顔に魅了され、楽しくお喋りしているつもりだったのです。

ふと気がつくと、我が身は虫に姿を変えている。
2010 08 04 056
手も足も動かせない身体で、四方に張り巡らされた縄を眺めているのは愉しい。


Image237.jpg
よく晴れた、いちばん熱い日の東京の空の下、
当日の日記には、「カラビナの音が心地よかった」と書かれている。

今改めて彼女のサイトを訪れると(やはりと言おうか)其処にはめちゃくちゃハードでおっそろしい女王様がおられる。
どちらが本当の姿なんだろう?
たぶん、両方、本当の九条さんなんだろうなあ。

img_20100809222455.jpg
休憩中の一枚♪

九条さんのサイト(トップ) †RED EYE†
http://akirakujyo.blog130.fc2.com/

†RED EYE†に掲載なのです!写真の色がずっと濃くて美しいです・・
女体緊縛-其の壱
http://akirakujyo.blog130.fc2.com/blog-entry-124.html

女体緊縛-其の弐
http://akirakujyo.blog130.fc2.com/blog-entry-125.html

女体緊縛-最終章
http://akirakujyo.blog130.fc2.com/blog-entry-126.html

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

女王様

女王様は赤がお好きです。
13.jpg
緊縛&撮影は九条玲さん

自分では決して見ることのできない背中
008.jpg
和服の帯結びみたいに見えなくもない?

015.jpg
あっという間に吊られてしまった。
ゆらゆら揺れている間に、女王様が手にしたのは鞭・・ではなくカメラです。
ほっとする。

九条さんの縛りは、その後の展開が予想できない。
29-2.jpg

27.jpg
だんだん、自分がヒトでは無いのだと思えてくる。

033.jpg
女王様の視線の先にあるのは、人間ではなく、切り取られた草花のようだ。
素早く動く手元にあるのは縄であるが、その所作は活け花のそれである。

020.jpg
完成

2010 08 04 037
もう、逃げられない。

九条さんのサイト †RED EYE†
http://akirakujyo.blog130.fc2.com/
すごくカッコイイ女王様でした!
リアルで感じた九条さんの紹介は次回♪

続きを読む»

テーマ:SM・緊縛・写真 - ジャンル:アダルト

たてもの

まるでタイムスリップしたみたいな風景
IMGP3740.jpg

続きを読む»

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

似て非なるもの

露出写真は、長いこと憧れであった。
公園で、駐車場で、あるいはコンビニで。
人目を憚り、羞恥ではち切れそうな思いとは裏腹に、奴隷女の秘壺はぐちょぐちょに濡れそぼっている・・
・・というアレです!!

フリーのm女には無縁の御楽しみだなあと思っていたら、こんな写真を撮って貰うことができた。
IMG_0938-new.jpg

続きを読む»

テーマ:素人露出 - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク