FC2ブログ

指枷

小さい頃は、縄よりも手錠に憧れていた。
両親は「刑事コロンボ」が好きなひとたちで、家族団欒の場であーだこーだと楽しんでいるのだが、
自分はどうも途中から犯人に感情移入するクセがあり、最後に追いつめられて、諦めて手を前に差し出すのなんか見ると異常に興奮、赤面してしまうのだ。
幼心に後ろめたい、ばれたらまずいっていう感情はある。
そっと隣の部屋に行って布団の隙間に埋もれる。

そんなことしていたから尚更、妄想がぐんぐんと成長してしまったのかもしれない。
結局、成人してからはsmに執着するようになった。
憧れていた手錠は、実際に拘束を体験してしまうと、それで満足してしまった。
たぶん、手首の間に若干余裕があって、ある程度自由に動かすことが出来てしまうからだと思う。
被虐感では縄の緊縛に敵わない。

先日、ボンテージ写真を撮る方とお会いする機会があった。
そこで見せていただいたのが、これです。
無題
スパナとか、ペンチとか、そういう類の工具に見える。
実際には親指を差し入れて拘束する指の枷だ。

彼が撮影した作品を見せてもらった。
後ろ手に親指を固定されている女性の写真。親指がこの小さな輪っかの中にある。
正直、あまりピンとこない。手錠のほうがビジュアル的にはぐっとくる。

「試してみてもいいですか?」
お願いして、装着してもらう。
私の指は細くて短い。手のひらそのものが十才くらいの子どもと同じ大きさなのだ。
手錠の時のようにあっさり抜けてしまうような気もしたが、枷を開いて親指を添えると、カチカチカチ・・と金属同士がぶつかる小さな音がして、指の肉はしっかりと締まり、固定された。

『ダブルロック』
その指枷には、おもしろい仕組みがある。
枷はいくらでも細く締めることができるが、鍵で外さない限り緩めることは出来ない。
必要以上に締めつけることがないように、枠を固定するためのもう一つのカギを持つ仕組みである。
手錠にも同様の仕組みがあるそうだが・・
手首が細いからって抜けられるわけじゃなかったんですね。あたりまえだけど。

そんな話をしつつも、実は冷静でいるふりをするのが大変なくらいに、もうメロメロである。
たった親指だけなのに、こんなに小さく軽い枷なのに、拘束感はものすごい。
見た目と実際に身に着けたときの感覚のギャップが大きすぎ、あっという間に欲望の波にさらわれてしまいそうになるのを必死に堪える。

帰宅して、彼が過去に開催した個展案内のはがきを手に取る。
ボンテージファッションに包まれた女性たち。その中に指枷で拘束された女性を見つけた。
激しく切迫した何かが、私の柔らかな心臓を鷲掴みにする。
頭の中でごうごうと濁流が渦を巻いている。
背をまっすぐに伸ばしたまま体重を椅子に預けると、私はようやく妄想の海に脳みそを投げ込み、そして自由に遊んだ。

・・・こういうのも、オナニーっていうのかなあ?

続きを読む»

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

撮る Ⅱ

彼女は床に、仰向けに寝かされた。
主はその顔の上に跨って、ペニスを突っ込む。
そしてそのまま彼女の上に、身体全体を覆いかぶせる。

普段美しい彼女の顔はこれ以上無いほどの形相だった。
彼女の身体をしっかりと抱え込んだ男の半身が、まるでセックスしているかのように動く。

うぐぅ・・ごはぁっっ・・ぐっっ・・

激しい鞭打ちでも声ひとつ上げない彼女だったけれど、その喉はあまりにも生々しい音を発している。
声、ではないのだろう。湿ったポンプが出す器械の音は、今にも壊れそうで、逆流しそうだ。
それでも主は、表情を変えることなく腰をますます深く入れていく。
私はビデオの小さな液晶画面の先に、彼女の表情を追い続けている。
ここに居る誰もが正常じゃない。
苦痛と恍惚にまみれた女を見ながら、どうしようもないくらいに欲情している。

続きを読む»

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

撮る

女は裸だった。
2本の柱の間に立たされていた。
両手は大きく広げられ、高い位置に縛り付けられている。
縄を持った男が、さらに女の片方の膝を吊り上げる。

続きを読む»

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク