FC2ブログ

部屋とYシャツと一本のペン 前篇

DSC01948.jpg

いつかこんな日が来るだろうと思っていました。私はそれを恐れ、そして、それを望んでいたのだと思います。官能小説を書きたい、と、そう思った、あの時から。
 十四歳の時。私は官能小説を書くために、隣の家の幼馴染の男の子に頼んで裸を見せてもらいました。勃起して行く様子が書きたかったのです。同じ男の子にオシッコをするところを見せてもらったり、オナニーを見せてもらったりもしました。
 それから五年の間、私は官能小説を書くために、いろいろな男の人に、いろいろなことを協力してもらいました。最初の頃は近所の男の子や同級生を口説かなければならずたいへんでしたが、大学に行く頃にはインターネットを利用して、相手はいくらでも見つけられました。
 インターネットの利用は、最初こそ、怖かったのですが、何度かそれを利用して男の人と会う内に、すっかり慣れてしまいました。意外なほど怖いことなんかなかったからです。
 でも、私は、いつも、心のどこかで、こんなことを繰り返していれば、いつか、自分は取り返しのつかないほど酷い目に遇うだろう、と、そう思っていたのです。
 そして、その時が、ついに来てしまったのです。
 私の官能小説を出版したいという編集者の方からインターネットを通じて連絡がありました。私に、小説を書くための部屋とSM体験を提供しようと、その方は言ってくれたのでした。
 作家が小説を書くために缶詰にされるという話は、私の憧れのものでした。部屋に閉じ込められ、小説を書く以外のいっさいのことをさせてもらえない、そんな素敵な状況があるでしょうか。その上、その方は、小説を書くための体験も保障してくれると言ったのです。
 私は、すぐにその申し出を受けました。
 少しだけ持っていた不安は、その方に会った瞬間になくなりました。その方があまりにも紳士的な方だったからです。きちんとしたスーツ、大きいけどオシャレなバック、清潔感のある髪型、そして、流暢で都会的な敬語。これが編集者という方なのだと私は思いました。
 夏休みを利用して、私は一週間の約束で都内にある彼の管理するマンションの一室に缶詰にされることになりました。
 部屋に入ると、彼は、私に服を脱ぐように要求して来ました。勝手に買い物などに行けないようにするためだと言いました。そして、部屋着はなく、男物のワイシャツだけを渡されました。
 
(鹿鳴館執事著 mixi日記「部屋とYシャツと一本のペン」より一部抜粋)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1926487026&owner_id=2938771

鹿鳴館サロンで月に一度開催している緊縛挿絵イベント。
プロ級な腕前の方も、そうでない方も本気で(またはのんびり)描いたり飲んだり縛ったり喋ったりして遊ぶ。
01955.jpg

鹿鳴館サロンでは写真は撮らない。描くだけ、がルール。
というわけで、今日の写真は鹿鳴館サロンとは無関係です。
01959.jpg

・・いや、全く無関係でもないな・・この写真に写っているYシャツを当日モデルさんに着てもらったし。
DSC01952.jpg

クリーニングのタグが付いたYシャツはバシッとのりが効いていて、こんな固い服があるだろうかと。
DSC01964.jpg
男の人って大変だなあ。おつかれさまです。
1969.jpg

私も挿絵、描いたよ!
0047.jpg
0048.jpg

次回の緊縛挿絵イベントは今月30日、月曜日19時~24時。
テーマは「19才の絵空事」
ん?なんか聞いたことある?ピンときた方、あってますよ~。某小説家の代表作にインスパイアされました。
予約不要。ぜひお気軽に。
お問い合わせはねずみこ、または鹿鳴館サロンまで直接お尋ねください。
鹿鳴館サロンHP http://rokumeikans.net/"

後編に続くよー!

テーマ:SM・緊縛・写真 - ジャンル:アダルト

真夏のホラー劇場

「コンドームにグレープジュース入ってるの、無くしちゃったんだけど・・知らない?!」
「おかしいなぁ、冷蔵庫に入れといたのに。」
「あ、ジュース入って無いので良ければオレ持ってますけど・・」
「それはアタシも持ってる」
昨年のホラー劇場、開演直前の風景。

お盆の中日、よりによって、会場は四谷ですよ。
主催者のお二人は、それぞれに由縁のある神社にお参りをしてくださったそうだ。
DSC_0705.jpg
会場にもあちこちにお札が貼られていた。
霊感ゼロの自分だけど、何だかホッとした。
そして、次の瞬間。マイクに向かって声を出すならば、全く拡声しないマイク・・ホラーすぎる・・
実は自分で壊していた(根元のアンテナを会場に落とした)ということに気が付くのはもうちょっと後のことで、頭が真っ白になりつつも、その回はマイクを放り出して、そのまま喋った。
DSC_0706.jpg
写真はプロにお願いした特殊メイク。顔半分、腐ってます。腐ってないほうだけ写すとこんなかんじ。
以前も雪女を演ったときに作ってもらったけど、今日はかなり本格的な化粧になった。
すごいなと思ったのは、公演中にどんどん変えていってくださったこと。
「ライトの当たりを見てると、肩と頬が目立つわね」と、大きな傷や痣を描き足していく。
DSC_0703.jpg
皮膚がひきつれて、破けているところまで立体的なのね!びっくり。
(このあたりから、写真がホラーになっていきます。苦手な人は目を細くして読んで!)

続きを読む»

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

近江一博さん 個展

近江一博さんの個展が西荻窪ソーヤカフェで開催中です。
ねずみこがモデルをしている作品もあるそうなので、ぜひいらしてください。
私は13日の金曜日、20時ぐらいから会場にいますので、お声かけてくださいねー!

以下、近江さんのサイトからの転載です。
http://kazuhiro-oumi.tumblr.com/post/87440249440/sawyer-cafe
個展@西荻窪SAWYER CAFE
3月にも個展を開催しましたが、急遽6月にも西荻窪のカフェでミニ個展を開催することになりました。
3月にアートコンプレックスセンターで開催した個展「画家とモデル」から、何点かピックアップして展示します。
急遽決まった個展なので、詳細未定な点もありますがご了承ください。
随時Twitter、Facebookでお知らせするつもりです。
ご都合よろしければ遊びに来てください。
よろしくお願い致します。
※カフェでの個展ですので、ドリンク等のオーダーをお願いいたします。
< 場   所 > 西荻窪 SAWYER CAFE(ソーヤカフェ)地図(※1)
<開  催  日> 6月7日(土)夕方〜(※2)
<営 業 時 間> 平日17:00〜、土日14:00〜、水曜定休
<ラ  イ  ブ> 6月21日(土)生音ライブ 19:00〜 出演:岩田啓明さん/YUKIOさん
(※1)急遽決まった個展なので、サイト上では近江個展の告知はされていません。
(※2)終了日は未定ですが、6月いっぱいまではやっていると思います。

近江さんに撮っていただいた緊縛写真たち。(緊縛は友人のKさんです。めっちゃ上手い!ご協力ありがとうございます!)


6305.jpg

_DSC6312.jpg

_DSC6330.jpg
あいかわらずなパラパラまんが風ムービーです。

前回個展の記事
http://happymoon.blog35.fc2.com/blog-category-13.html

ZENTAI SHOW

前回のつづき。
DSC03302.jpg

ゼンタイストリップに続いて、今度は女の子4人が主役。
ヒトの形をしているけれど、のっぺらぼー。
ヒトガタのモノだったものに、キス。
命の息吹を得て、人形は生き生きと動き出す。
DSC03300.jpg

Tumblrのムービーにリンクしています。
DSC03278.jpg

次のゼンタイイベントは6月29日(日)フェチフェス04です。
このレポートは前回のフェチフェスのものだけど、大盛り上がりの3.5を挟んできっとますますディープなお祭りになるはず。出展する私たちも、新しいスタイルででゼンタイの魅力をアピールしていこうと思います。
女の子限定だけど、無料でのゼンタイ体験も引き続き行います。お気軽にお声かけくださいね。
http://www.fetifes.com/

ゼンタイブースの詳細はトーキョーゼンタイクラブ ホームページをご覧ください。
http://www.tokyozentaiclub.net/

ニコ生の出演風景。そういえば年明けお正月モードだったんだなあ・・
こたつにミカン。そしてゼンタイ。
DSC03524.jpg
フィナーレはフェチフェスに参加した女の子たちが大集合した。
お隣のブースは美少女きぐるみさん。
実は中身もオモテ以上の美しい方でした・・そんなんありかー。
DSC03738.jpg
真冬なのに、色っぽいランジェリーの女の子たちがたくさんいたり、インタビューのマイクが電マだったり、つっこみどころもたくさん。次回はもっと変なのかなー?たのしみ。

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク