FC2ブログ

夏の宵、緊縛図絵

和傘は、まるで蜻蛉の羽のように七色に透けていた。


その向こうに、縛られ、猿轡を噛まされて転がされた女の物語を描く。

続きを読む»

テーマ:SM・緊縛 - ジャンル:アダルト

ガスマスクとストッキングと緊縛



DSC01454.jpg

DSC01480.jpg
ガスマスク。
フェティッシュな撮影では何度かお借りしたことがあって、「まあ、そういうもんなんだよな」と特に違和感を持つこともないんだけど、何で?と今さらながら思う。
好き嫌いに理由はないし、野暮な疑問であろうか。
偶然だろうけど、ラバーメインの撮影の時はガスマスクを使わなかった。
かと思えば、緊縛撮影の小道具で被ったりもした。(しかもあの時は何種類も用意されていて、びっくりしたんだった)
フェティッシュとガスマスクの関係をご存じの方、ぜひ教えてください。

ガスマスクは、見た目が虫みたいになれるから好きだ。顔にぴったりと着けたときの、ゴムが皮膚に貼りつく感じとか、独特の匂いも好きだ。
でも、一番好きなのは、潜水艦に乗ったような気分になれること。私だけかも知れないけど、まるで、水の中を歩いているような気がするのだ。
映画の3Dメガネをかけているようでもある。
ガラスの向こうの世界は遠くて、スクリーンしかないような気がする。そこにいる人は薄っぺらくて、私に危害を加えることはできないような気がする。それで、無意味な安心を得たりする。

自分の呼吸の音が大げさになるので、それは不愉快。
DSC01487.jpg
まあ、縄で縛られることのほうが、ずっと不愉快なんだけど。
そのへんは、何というかもう愛憎あいまって永く過ごしているので、もはや語ることはできない。

01488.jpg

DSC01536.jpg

DSC01591_convert_20140921152817.jpg

DSC01546.jpg

DSC01545.jpg

DSC01556.jpg

DSC01568.jpg

DSC01547.jpg

DSC01575.jpg

テーマ:SM・緊縛・写真 - ジャンル:アダルト

ゼンタイと海

夏の思い出。
003.jpg
空の下にいること。
ゼンタイで自然の中にいること。風に吹かれること。
たぶん、一生に一度の僥倖だと思う。
029.jpg

その解放感といったら、もう、走り出さずにはいられないのだ。放たれた子犬みたいに。
006_201409071209160c0.jpg
うー。のびのび。
010_201409071209151ff.jpg
ゼンタイの先人たちに聞いていた。
「ゼンタイで水を浴びるときは要注意だ」 と。
呼吸にかかわることのなので、もしラッキーなことにゼンタイで水に濡れるチャンスがあったら思い出してほしい。
ぴったりと布が顔に貼りつくことで、呼吸は遮られる。
びっくりせずに、布を顔から離すこと。

そんな警告も海の強烈なエネルギーの前ではあまりに無力です。否応なく波が襲い掛かるし。
とはいえ、ゼンタイを着用せずとも波の下に埋もれてしまえば呼吸は出来ないので、自分の実感としては裸でもゼンタイでも変わらないな~というのが実感でありました。(良い子のみんなは真似しないでね)
018.jpg
でもね、ものすごく気持ち良かったの!!

024.jpg

043_201409071212387a7.jpg

034.jpg

031_201409071212428a7.jpg

025_201409071233482a6.jpg

049.jpg
「ゼンタイって前見えるの?怖くないの?」と尋ねられることがあります。
場合によるし、ゼンタイにもよる。
屋内ではうっすらとしか見えない視界だけど、この日はゼンタイであることを忘れるほど全てがくっきりと見えた。
太陽の光は本当に桁違いなのだなと思う。
4430711_2001454568_237large.jpg
写真を撮ってくださったKさん、ありがとうございました!大切な思い出です。

Tumblrに写真をupしました。貼りきれなかった写真もたくさんあるので、良かったら覗いてみて!
アルバムその1
http://lamia-nezumiko.tumblr.com/post/96842208543/http-happymoon-blog35-fc2-com-blog-category-14-ht

アルバムその2
http://lamia-nezumiko.tumblr.com/post/96842484238/http-happymoon-blog35-fc2-com-blog-category-14-ht

アルバムその3
http://lamia-nezumiko.tumblr.com/post/96842834598/http-happymoon-blog35-fc2-com-blog-category-14-ht

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

哺乳類

太古のネズミに会いに行ってきた。
上野の博物館で、10月5日まで
https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2014/honyu-rui/
DSC_0234.jpg
夏休みの博物館は恐竜がスタンダード?なのだが、今年の上野はぐっと渋い。
何と哺乳類、しかも国産の化石に限っての展示である。
これは地味かも・・な予想を裏切って、ごらんの通りの壮大な骨の群れ。
ものすごく大きな化け物みたいなヘラジカの化石なんて、もう呆れるくらい巨大である。
アフリカゾウのホネ(写真右。動物園からもらってきた、数年前まで生きてた個体の骨格)と化石を並べてみるともう、色が黒か白かの違いしか無い。当たり前だけど、化石って黒いよね。初めて知ることがたくさんある。

博物館、久しぶり!
子供の頃、田舎の市立博物館は昼でも暗くて、博物館ぽい匂いがして、怖いから目を細めて少しだけの視界で楽しむ場所だった。それ以来。
DSC_0226.jpg
カモノハシとカバのあいのこみたいな巨大なヤツがいた。
こちらに向かって歩いてくる様子のパレオパラドキシア。
足を伸ばして、泳いでくる様子のパレオパラドキシア。
頭を下げて、私を食べにくるのかと思ったパレオパラドキシア。
並んで、こちらを向いている。ホネとは思えない勢いで迫ってくる。こわいよう。
この骨格を設置していく作業は、たぶんこっそり楽しかったと思うんだけど、どうだろうか。バラバラの骨を一つ一つ組み立てて、たぶん一番格好良くキマる角度を探してポージングするよねぜったい。

いちばん感動したのは、小さな小さな、太古のネズミの化石です。こんなに巨大化する前は、哺乳類は小指の先くらいの小さな生き物だったんだって。その歯列だけが残されているんだけど、何がすごいって、それを掘り出したことだ。
(写真にちゃんと写らないくらい小さい)大きなプールの水の中からコンタクトレンズを探すのよりエネルギーが要るんじゃないかと思う。だって、必ず落ちているとは限らないんだよ?小指の爪みたいなネズミの歯。執念深い研究者は偉大である。

展示場は第一と第二とあるんだけど、どうも第二会場はものすごくびっくりするのです。今現在、生きている哺乳類の展示が第二会場なのだが、第二会場に入ってしまうともう第一会場には戻れない。第一会場のボリュームがフランス料理のフルコースだとすると、第二会場はコンビニのおにぎりみたいな感じなので、(いやほんとに)第一会場でもうおなかいっぱいになってから第二会場へのエスカレーターを上っていくのがお勧めであります。(学芸員さんもそうやって声をかけてくれている)
0236.jpg
といいつつ、このツキノワグマ、大きすぎやしないか?しかも攻撃中??

あと一カ月くらいやっている。展示がゴージャスで面白いので、動物が好きな人にはおすすめです。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

ゼンタイ×ラッピング@縛・万華鏡Ⅲ

TOKYO ZENTAI CLUB のHPにピッタリフィットにまつわるコラム 『happy zentai style』 を書かせてもらっている。
http://www.tokyozentaiclub.net/ZentaiJoshi/cn14/pg211.html
1.jpg
その中から、追記とビデオを2本追加して、この日記に。

**************************************

縛・万華鏡Ⅲというイベントに出展してきた。
フェティッシュな分野の中でも、タイトル通り「緊縛」な色が強い本イベント。
ステージでは次々と華麗なショーを繰り広げている。(見たかった!)

我がゼンタイブースは縄ではなく、梱包用のラップを使ってパフォーマンスをした。
初めこそメンバーが巻かれたものの、とにかく積極的なゲストに助けられた。
「巻かれてみたい!」「ゼンタイ着てみたい!」って思ってくださることももちろん嬉しいし、それを声に出すことはとても勇気があることだと思う。
きっと、スーパーマーケットの試食コーナーよりハードル高いよね。だからとても嬉しかった。
梱包用フィルムは拘束感のあるものなのでスタッフも周りで注意しながら観察しているのだが、皆さん意外なほどに出たがらなかった。
1時間以上入っていたお客様もいらっしゃった。
見ているだけではラッピングの魅力は伝わりにくいのだけど、ご興味のある方は、ぜひうちのブースに遊びに来てください。
毎回とは限りませんが、けっこう、あちこちのイベントでやっています。

今回、ペアで参加してくれたのは技術スタッフのワムブリッドさんと、コスプレコンテストに出場されていた渡邊みりさん。
フェチフェス3.5では素晴らしい球体ゼンタイショーを披露してくれたお二人である。
DSC01437.jpg
Tumblrのムービーにリンクしています。
二人とも、素直に快感を表現されているのが素敵だった!
指さきの小さな動きが、とても気持ちよさそうです。
ラッピングから解放される瞬間もまた、感無量だそう。

DSC01421.jpg
そして、ゼブラのゼンタイはつばささんのムービーはこちら
デパートメントHではスタイル抜群な美少女っぷりを惜しげもなく披露しているが、本日はのっぽらぼうです。

こうやって、自分じゃない人のことを書くのはとても楽しい。
アンダーグラウンドだからこそ、見たい、知りたい、なのだよねー。
快く掲載の許可をくださったワムさん、みりさん、そしてつばささんに感謝!!

お隣は、偶然にもお友達のブースでした。鍼灸アイドルのふわはちちゃん。
DSC01420.jpg
ショーのお伴をしたのがつい昨日のことのようです。
その時の日記はこちら。

病院だから、窓があるのだ!うひひ。
2

遊びに来てくれた方に撮っていただきました。
DSC01398.jpg
この日は何となく、ポニーテイルのまま、ゼンタイ。(たぶん邪道)
Tumblrにも写真が置いてあります。良かったら見てね!

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク