FC2ブログ

真夏のホラー劇場

「真夏のホラー劇場」の打ち上げで食べたとうもろこしがおいしくて、勢いがついてしまった。
大きなとうもろこしを皮付きのまま蒸す。皮のいい香りがついて、剥くと弾けそうに膨らんだ黄色い粒々が光る。一番先まで熟した実が詰まってる。口に入れる前からおいしい。

打ち上げの帰り、地下鉄で携帯が震えたので見てみると、古い友人からのメールが届いていた。
数年ぶりである。 会場に来ていたそうだが、声をかけるわけでもなく、そのまま帰ってしまったらしい。
舞台と客席を往復していたが、暗さのためか私は彼女を見つけることができなかった。
しかし、こうやって「見たよ」の一言をもらえるのは、ものすごく幸せなことだよ。ありがとう~!

ホラーも怪談も、大の苦手である。 が、お化けに化けたり、人を怖がらせたりするのはとても愉快だ。
今回の舞台の準備で、マイケルジャクソンのスリラーを初めて全編通して観た。 ゾンビが踊るワンシーンしか見たことなくて、見たつもりになっていた。本物は、もっと贅沢な短編映画。
小泉八雲の怪談は、「鴛鴦」と「忠五郎の話」は本当にギリシャ人かと思うほどに、日本独特の水墨画のような淡い味わいがある。
生きていく上で全く役に立たない知識は、こんなにも魅力的だ。
主催のレミコさんから狂言回しのお役目をもらい、何を出そうかしばし迷う。第一回目は、ゾンビになった。昨年は、ヘビ女。
http://happymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-605.html
今年は、幕開けの演者さんからヒントをもらって道化になることにした。
150719horror_073_lo.jpg
たぶん中国のキョンシーは、地上最強の死体。 お札つくろう。

中原中也の「サーカス」
幾時代かがありまして 茶色い戦争がありました
幾時代かがありまして 今夜此処でのひと盛り
サーカス小屋は高い梁 そこに一つのブランコだ
頭倒さかさに手を垂れて 汚れた木綿の屋根のもと
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん
それの近くの白い灯が 安値やすいリボンと息を吐き
観客様はみな鰯
ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

お目にかかれた皆々様、まことにありがとうございました!

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

渦巻き ぐるぐる

DSC07926.jpg
見上げた空は、見たことのないものだ。
カメラを借りてシャッターを切ったものの、きりとった四角形にしかならない。
それでも、持ち帰りたかった。
DSC07966.jpg
ね、森の中に行ったら、真上を見上げてみてほしいの。

DSC07937.jpg

DSC07939.jpg

前回 (山桜、ジーンズに荊棘)のつづき。
http://happymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-657.html

友人の家に戻ると、近所の人が蕨を分けに来てくれた。
DSC07666.jpg
塩と小麦粉であくを抜き、半分は油揚げとお浸しにする。もう半分は酒とだし醤油に漬けて一晩置く。ほのかな甘みと苦みがお酒のアテにちょうどいい、はず。

コシアブラは天ぷらで。初めて食べた。シソのような香りでとても気に入った。
7669.jpg
これは、こごみ。そのままでも香りがすばらしい。
おひたしにしても、ほとんど変わらないぐらい。
DSC07670.jpg
はじめての、のらぼう菜。
「クセもアクも無いからね。生でも食べられるよ」とお店の人に言われたので安心して汁に仕立てた。おいしい。菜の花を細く柔らかくしたらこんな感じかも。

DSC08012.jpg
これは、謎の生物。毛むくじゃら。山にいっぱい生えてた。

春は、渦巻きでできている。
DSC07967.jpg

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

暗くて、寒い、水辺の写真

明るくて透明感のある写真ばかり撮ろうとしていた。

「川の写真を撮ってきてほしい」
そんな頼みごとをしてくれた人は、いつだって、とても上手に物語を紡ぐ。ただし、そのトーンは暗く、寂しいものだ。不変なのだ。
暗いものを撮ろうとしたわけではない。
夕暮れも近い時間に辿り着いた渓谷は、山の影が広く覆いかぶさっていた。
冬の終わり、古いキャンプ場の日暮れ時に足を運ぶものもなく、ただ、静かに水の音だけが響く。
IMG_1926.jpg
陰気な川を眺めていると、何故か心が落ち着いていく。
気が付いていなかっただけで、こういうものが好きだったのかもしれない。
IMG_1930.jpg
化粧をすべて落とし、髪を風に晒す。
IMG_1916.jpg

IMG_1922.jpg

山を降り、麓では水は穏やかに広がる。ここには、陽の光がまだ残っていた。
DSC_1446.jpg

この時撮った写真が、電子書籍の表紙になりました!!いえい。
91WndWq.jpg
この間取り図は、中の作家さんが描いたもの。
鹿鳴館を代表する作家たちが、山梨のとあるSM風俗店を舞台に小説を書いたもの。
このSM風俗店が、豪華で摩訶不思議で退廃的で面白い。
ちょっと、考え付かないです。
登場人物もいろいろ。
ぜひぜひ、読んでみてくだされ~。

テーマ:SM・緊縛・写真 - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク