FC2ブログ

お化け屋敷

生まれてから一度もお化け屋敷というものに足を踏み入れたことがない。
「恐怖」は、不快だ。
ホラー映画のみならず、血が出たり痛いシーンが多い映画はすべからく避けてきた。
しかしながら、ここ数年は恐怖を避けては通れないのである。
まず、お化け屋敷や恐怖系のイベントでスタッフを引き受ける機会が増えた。
何より、ホラー劇場の水先案内人をはじめたのが一番大きな理由である。怖かろうが嫌だろうが、とにかく調べて、話を仕込んでおかなくてはならない。
というか、100パーセント「嫌い」で「不快」だったら引き受けてはいない。皮膚感覚や匂いと同じで、引き寄せられているのもまた、事実なのだ。嫌だけど。手で目を隠して、隙間から覗き見る恐怖を、私は好む。
そんなわけで、ここ数年「人を楽しく面白く怖がらせる方法ってないかな~」と、民話や怪談、実話系など、ネットに落ちている玉石混合(石ばっかり)の「怖い話」を漁っている。
人を怖がらせるのは、何とも愉快なものだ。とっておきの怖い話があったら、ぜひ教えてください。

怖い話といえば「夜」である。
夜の遊園地といえば、これはもう、存在そのものが恐怖施設である。
(昔から、悪夢の舞台と言えば誰も居ない夜の遊園地でメリーゴーランドが回っているっていうやつなんですけど・・あとピエロが出てくるからサーカスも入り混じっているような。これって自分だけじゃないよね・・??)
DSC_0015.jpg

続きを読む»

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

縛・万華鏡

友達のふわちゃんは、ハリドルです。
プロの鍼灸師であり、治療院のオーナーでもあり、そしてアイドルでもある。

東洋医学と緊縛を融合したショウ
P5268829.jpg

続きを読む»

テーマ:M女、緊縛・凌辱調教動画 - ジャンル:アダルト

お盆明けの幽霊話

今年も三日間、里帰りしてきた。
今年は妹夫婦が夏風邪でダウンしてしまったため、私が一番若い集まりになってしまった。
ちびっこたちと遊べなくて残念ではあったが、今年はここぞとばかりに昔話を聞きつつ、タコの煮つけやら青唐辛子とジャコの甘辛く煮つけたのやら、青菜の漬物とジャコを炒めたのやら、豆と昆布を煮たのやら、(煮るの多いね)台所にこもったり。暇にあかせてインターホンを直したりうちじゅうを片づけたり水回りを掃除したりして(めっちゃ手ごわかった・・特に冷蔵庫はカオスやった・・)、なんとか玄関まで磨いて、新幹線に乗った。(一番やらなきゃいけない庭は手つかず。冬にやろ)

昔の話を聞くのは楽しい。
男の人には戦争の話を聞く。満州とタイとビルマと沖縄。沖縄がいちばん壮絶で、ちょっとしんどい。バンコクの話を聞くのはけっこう楽しい。兄弟でもこんなに経験が違うんだから、不思議なものだ。
女の人には農家の話を聞く。最近は私がオカルト話に目覚めてしまい、不思議な話ばかりをねだって聞く。
田舎は松茸や黒豆で有名な京都の某地域である。
ここでは、狐や狸がよく人を化かしたらしい。(大正時代)
冷たい川の中で、さも気持ちよく風呂に浸かっているらしい仕草の人を見かけたそうだし、隣の家のおじさんは美しい女性が家を訪ねて来たので気持ちよくお喋りしながら峠の道を歩いているところを母親に呼び止められ、無事に家に連れ戻されたそうだ。(母親は一人で何事か喋っている息子を必死で呼んだそうである)一応、「酔っ払いとか、認知症とか、そういうのじゃないの?」と聞いてみたのだが、どちらもまだ若者だったと言う。
そんな祖母も、姿の見えない狐に追いかけられて怖い思いもしたという。右に川、左に山、夕暮れの細道は真っ暗で、狐の高い鳴き声と茂みをガサガサと駆ける音だけがついてくるのだそうだ。ひえー。

そんな話をしながら、叔母と父と祖母と、仏壇に供えたスイカとケーキを下げ、4人分に切り分けて食卓についたちょうどその時であった。
「がったん」
と大きな音がして、祖父の遺影がぐらんぐらんと揺れている。
仏壇の上から吊り下げられた祖父の写真は大きく重く、家族が「何でー?!」と騒いでいる間、長いことユラリユラリと振れていた。
DSC_0093.jpg
この写真とった2秒後にグラグラ発生。

祖父は死んで二年だが、実は去年の初盆の時もやらかして(?)いる。
親戚が集まり、さあ甘いものでも食べましょう、と、お茶を淹れていると「パン」と手を叩く音が仏壇の前から聞こえるのである。
その音は、ちょっと前まで生きていた祖父の癖であり、耳の遠い祖母を呼びつけるためにいつでもそうやって手を叩いて鳴らしていたその音であった。
しかし今、当人は骨壷におさまって仏壇のはじに置かれている。その手を鳴らす音は耳慣れた音でもあり、しかも4人とも聞いているのだ。いくら甘いものが好物だったからといって、二年連続でこうでは死んでなお家族のネタを増やしてくれてありがとう、と言うほかは無い。なんというか、びっくりはするけど、恐怖ではない。祖父は変わり者でさびしがり。私もじいちゃんの血を色濃く継いでいるのだし。

次の朝。起きると顔がぶつぶつに腫れてしまっていた。ここのところ顔の肌荒れが酷くて、医者に行って薬をもらったばかりだというのに、朝起きたらまるでニホンザルのごとき赤ら顔である。
わざわざ大阪の皮膚科に行くというのもアレだが仕方ない。
結果、「酒さ様皮膚炎」だって。どうやら塗り薬にかぶれてしまったらしい。強い薬だとは聞いていたが、これじゃ逆効果じゃん!
東京で皮膚科が混んでるからといって、産婦人科に行くのも考えものだ。みなさん、気をつけてね~。
0085.jpg

しばらくは、化粧しないで過ごすよー。
お医者様の勧めにより、蒸しタオルを顔に当てております。

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

隙間

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

雪×ZENTAI 2

ずっと欲しかった撥水加工のゼンタイ。
確かに、雪の上でゴロゴロしても平気。(寒さはまた別)
IMG_0520.jpg

IMG_0509.jpg

IMG_0511.jpg

続きを読む»

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

雪×ZENTAI

書中お見舞い申し上げます。
IMG_0433.jpg
今回は、延々とこんな感じのが続くのです。すみません。
IMG_0443.jpg

IMG_0464.jpg

続きを読む»

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

DSC09608.jpg
写真であそぶ。色で遊ぶ。
DSC09579.jpg

DSC09589.jpg

DSC09590.jpg

9592.jpg

DSC09596.jpg

DSC09603.jpg
水を含んだ重たい空気が好きだ。
DSC09576.jpg
湿り気のある空気の中では、楽に息ができるから。すーはーすーはー
DSC09569.jpg

DSC09563.jpg

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク