FC2ブログ

イベントスタート!ゼンタイ@原宿デザインフェスタギャラリー

9月の25日(金)26日(土)27日(日)の三日間、TOKYO ZENTAI CLUBでオリジナルゼンタイ体験イベントが始まりました。私は明日、明後日、11時~20時まで在廊しています。
詳細はこちらからご覧いただけます。
http://www.tokyozentaiclub.net/pg234.html/
1442676563020.jpg
写真はABC放送からの取材の様子。ディレクターさんは道行く人にまで丁寧に気遣う方で、私のテレビアレルギーがだいぶ緩和されました・・・(ほんとは家にテレビ置いてないくらい苦手)
この時は、自前のゼンタイだけじゃ足りなくて、クラブのゼンタイを総動員して一人ファッションショーやらせてもらったの。和柄のゼンタイはいつもイベントの度に可愛いなあと思っていたので、袖を通すことができて嬉しかったよ~。

tokyozentaiclub from nezumiko on Vimeo.


原宿でお会いできることを楽しみにしています!お気軽にお声かけてくださいね^^
DSC05060.jpg
DSC05065.jpg
DSC05067.jpg
DSC05070.jpg
DSC050811.jpg


テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

TOKYO ZENTAI CLUB 体験イベントのお知らせ

9月の25日(金)26日(土)27日(日)の三日間、TOKYO ZENTAI CLUBでオリジナルゼンタイ体験イベントを開催します!
dfg2_top-3-2.png
原宿のデザインフェスタギャラリーにて。詳細はバナーorリンクっぽい文字をクリックしてご覧いただければ幸いです。

今回は、クラブで制作しているオリジナルゼンタイを実際に触れて、着て、体験していただくイベントです。
これまで、私たちが歩んできた3年間の歩みも展示する予定。設立メンバーとしては感無量だったり・・・
私は土曜日と日曜日に在廊しております。お気軽にお声をかけてくださいませ♪
今回楽しみにしているのは、かわうそドットコムさんのシースルー制服の展示。試着、購入も出来るそうです。ドキドキ・・・
※かわうそドットコム(@kawauso_baagu)| Twitter
遊びに来てね!

写真は、「まにけっと」の時。オモイデノアルバム。
DSC05224.jpg

DSC05213.jpg

DSC05226.jpg

DSC05227.jpg

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

蚊取り線香

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

みんばく

「みんぱく」に行ったのです。
みんぱく、とは、「国立民族博物館」のことである。大阪の万博博覧会の跡地にある。
会場までは、モノレールで行きます。車窓からは青々とした山が見え、突然その山裾から生えているのがこれ。
DSC_0077.jpg
サエボーグさんのHISS(火ぐるみ)の時、岡本太郎さんの家のベランダから生えていたのもずいぶん大きくて圧倒されたが、これはもう、口をあけてポカンとするしかない大きさである。
跡地はだだっ広くて、そして何やら巨大な建物(アミューズメントパークかな?)を建設中であった。来年くらいには、再び観光地として賑わうのかもしれない。

裏側。ここもまた、ひっそりとしている。働いている人が何人かいるだけだ。
DSC_0035.jpg
真夏で汗が噴き出す陽気であったが、白無垢の花嫁と紋付き袴の花婿が歩いていた。不思議でめでたい光景である。どうやら、太陽の塔の麓で親族写真を撮るようでありました。

博物館もまた、静寂である。
世界中から集められた人々の身につけるものや生活の道具がぎっしりと詰まっているのを、眺めて歩く。
来訪者を見かけることは殆ど無く、たまに聞こえる足音はスタッフのものだった。意外とたくさんの人が働いている。
みんぱく
モアイの隣の虫は、南の島の棺。西原さんの漫画に登場していたのを実物で観ることができて嬉しかった。
小さいころに読んだ魔法の物語に登場した「涙を集めるための壺」が本当にあってびっくりしたよ~。

ここは、本当に素晴らしい場所だ。
例えば、「民族楽器」のコーナーは、それだけでもう巨大なフロアを占有している。楽器ですらこうであるから、生活の柱である衣食住は大変に見ごたえがある。
出版物が充実している。37年間、育ってきた歴史がまとめられた本がたくさんある。世界中から、どうやって「モノ」を集め、劣化を防ぐためにどのように「標本」したのか。
南の海から持ってきた船を、丸ごと高温で包み、保存しなおした話とか。ひえー、である。博物館を作る人の話は、すごく面白い。こんなにロマンチックな仕事なのに、展示室は井戸の底みたいに暗くて静かでひんやりとしている。
みんぱく1
この博物館は、世界中の人々の生活を覗き見るような面白さがある。
アフリカエリアで壁に留められたメッセージを読む。
「飛行機で降り立つと、あなたはまずそこでさまざまに”働く人たち”を見つけるはずです。」仕事について思うことを働く姿とともに語ってくれているショートフィルムが十数点あった。ビデオだけだと通り過ぎてしまったかもしれないそれらの展示は、彼らの働く道具や衣服とともに展示されていて、ついついひとつひとつ覗きこんでしまった。バドワイザーの空き缶から作られたアタッシュケース、欲しくなっちゃったよー。(上の写真に紛れてます)観て良かった、と思うものが多かったです。太陽の塔の下、広大な公園を整備して働く人たちも同じように凛々しかった。
DSC_0039.jpg
啓示な掲示。私は井の中の蛙に過ぎぬ。

帰りは大好きな阪急電車に乗りました。
外見の小豆色も素敵だけど、客席のひろびろとした木の感じや萌黄色のふかふかもいとおしいよ。
DSC_0082.jpg

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク