FC2ブログ

「畳の上で転がして縛ってみたいんだよ」
私はレンズの向こう側の人間を知りたいと願う。
写真家の狂気が私を生かす。

8月の終わり。
うだるような蒸し暑さは日暮れ前にも残っていた。髪の毛がうなじに貼りつく。
それでも、緊張で不快感はあまり感じない。
川沿いに降りると、時折、涼しい風とともにトンボがやってくる。
辺りは公園らしく整備されていて、遠くに滑り台やブランコが見える。
小さな白い毛むくじゃらな犬が歩いている。
バスケットゴールの下には少年がいる。何度もドリブルとシュートを繰り返す。熱心に。
歩くだけで、帯の下がぐっしょりと湿るほどの暑さだ。
少年のTシャツも重く濡れているのだろう。

「これ」
ベンチを見つけて座った彼は、ポケットから小さな箱を取り出し、私にくれた。
濃紺の箱の外側には真っ白で艶のあるリボンが結ばれている。
中には、保冷材で冷やされていたのだろう、チョコレートが4粒。水滴を纏わせてそれぞれの枠に収まっている。
舌の上で溶ける生温かい塊が想像されて、触れるのをためらう。
丁重にお礼を述べ、折角の美味しいものです、もう一度冷やして、ぜひ一緒に食べませんかと尋ねた。
彼は笑って「いいですよ、そうしましょう」と言ったあと、箱の中から一粒、そっと持ち上げた。
長い指だった。
私の目の前で、コガネムシのような光沢を保ったまま、ぐにゃりと潰れていく。
甘ったるい匂いが鼻を刺す。
その塊で顔をぐちゃぐちゃに汚されるのだろうと思い、強く目を瞑った。

「せっかくお化粧をしたのでしょう?汚されるために。」
目をあける。
男は足元に腕を振り下ろした。数時間前までショウウインドウに飾られていたそれは、一瞬で砂にまみれた。
嫌悪感に男から目を逸らし、顔を上げる。
少年はまだ、ボールを跳ねさせている。
左手だけでボールを器用につかみ、シュートする。弾かれたボールを手にするのもまた、左の腕だ。
少年の体には大きすぎるTシャツ。右手のあるはずの袖が、汗を含んで重く揺れている。

「汚してあげたいけど、ここは人が多すぎるよ。これで我慢して」
彼はハンカチでチョコレートを拭きとるとポケットにしまった。そして私の両手首を掴み、箱を飾っていたリボンで素早く纏め上げた。
ずん、と身体が重くなった気がした。
どうしようもない、この機能している右腕も、私自身も、この男も、正しくない存在なのだ。
DSC03546.jpg

DSC03540_20140928134445a68.jpg

DSC03517.jpg

DSC03519.jpg

トンボが止まってくれたのは、ほんとうのこと。
DSC03536_convert_20140928140613.jpg

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

ゼンタイ×くすぐり

20秒間のフリップフラップ。もし、「くすぐり」の4文字に惹かれる、またはドキッとする、そんな方には是非ご覧いただきたい。ヤラセなしの実験台になってきました。

Tickling flip book from nezumiko on Vimeo.


フェチフェス、くすぐりがすきなんです(KS)ブースにお邪魔してきました。実は、これらの写真を撮ってくださったのもKSのメンバーの方です。こんなにたくさん撮ってくださるなんてー!ありがとうございました。

今回のフェチフェスでは、「完全拘束×くすぐり」なるものを提案しておられた。
まず、手枷を付けられた段階で、すでにドキドキするう・・!このジェットコースター直前のような胸の高鳴りは、自分がそっち系変態だからでしょうか・・パブロフの犬、みたいな。あー恥ずかしい。
DSC_0467.jpg
足も開かれて固定。相当に恥ずかしい体勢である。
DSC_0473.jpg
後ろから見ると、こう。麻縄で縛られてる感覚に、相当近い。既視感がものすごい。しかもあっという間。時間も技術もいらないが、これを開発する頭脳は素晴らしい。
DSC_0476.jpg
この時点で心拍数かなり上がっているのに、いよいよ、きます!90秒間のくすぐりタイム。
お相手してくださるのは、ひめりんごさんと、サキ子さん。二人とも、美しすぎるくすぐり女子です。どうなっているのか。
DSC_0477.jpg
いよいよスタート。まずはわきばらから。いきなり悲鳴でました。防御できないのに、いちばん弱点のわきばらを激烈に責めるお二人。サディストか。お顔が不自然に下を向いているのは、カメラさんの指示です。個人情報大事!
DSC_0479.jpg
身をよじっても、無駄。呼吸がしんどい・・ひくひくする。これってやっぱりSMじゃないのか。
DSC_0480.jpg
足の裏、こんなに弱いとはしらなかった。このあたりで50秒くらいでしょうか・・意識がもうろうとしてくる。
DSC_0485.jpg
写真を見ているだけで、あの時の刺激が自動的に再生されて身悶えしそうになる。ツライ・・
DSC_0487.jpg
永遠かと思われた90秒であった。体力、精神力ともに削がれてへろへろである。
凄く楽しかったけどね!でも私はやっぱり「ぐり」ですね。逆襲できなかったのが無念極まりない。あー、くすぐりたい!

KSさん、素敵なおもてなしをしてくださって、本当にありがとうございました。
くすぐりフェチが気になった方は、是非こちらをチェックしてみてくだされ。これこそ、まさに真の同好会かと。彼らは本気です。
くすぐりが好きなんです公式ブログ
http://ameblo.jp/tickleloveheart/

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

キリン、灯台に行く

DSC01819.jpg
車を飛ばして、お日様に追いついた。ぎりぎり。
DSC01822.jpg
久しぶりの海。オーケストラの合宿以来だな。遊びにくるのはもっと久しぶり。
DSC01832.jpg
太陽も、夏も、もうすぐ終わってしまう。まあ、秋も好きなんだけどさ。
DSC01788.jpg
歩いて島に渡れるんだよー
DSC01789.jpg
サビだらけでギッシギシ音を立てるし、足元もゆらりゆらりと動くのでスリル満点です。
DSC01791.jpg

見上げれば。
DSC01800.jpg
実用100%の灯台。
DSC01799.jpg
こんなところまで犬の散歩に来ている人がいた。怖がりの犬なのか、抱きかかえられていた。

photo by J

某ランキングサイトに断られたので、最近むきになって貼り付けてます。Fc2ありがとーう!

テーマ:素人 - ジャンル:アダルト

赤ゼンタイちゃん

赤ゼンタイちゃんとのプレイ。 前編はこちらから
http://happymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-696.html

zentai girls from nezumiko on Vimeo.


DSC05750.jpg
攻守交代、じゃなくて、攻受交代。
赤ゼンタイちゃんにバックを取られ、執拗に攻められる。
DSC05762.jpg
首とか、わきばらとか、皮膚が薄いところは弱い。メロメロになってしまう。
DSC05758.jpg
もちろん、顔も。瞼とか、唇とか。
DSC05767.jpg
スリスリには、終わりが無い。
DSC05769.jpg

DSC05774.jpg

DSC05779.jpg
というわけで、今月22日(祝)は、いよいよ フェチフェス
ちょっぴりアダルトモード発動できるので、本音が出せる貴重なイベント。
今回も、全身タイツ体験と、毎度人気の立体バキューム体験。
そして、初企画!「ゼンタイセイタイ」を体験していただけます。←すごく気になる。

今回は場所が変わるので、果たして辿り着けるかどうか。方向音痴キングなのに、大丈夫か、自分。
中央区日本橋、綿商会館にて。12時~18時まで、トーキョーゼンタイクラブのブースでお待ちしています♪
66dSCeBa.jpg

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

ひと首輪展

ひと首輪展に行ってきた。
首輪職人のあっきぃさん(Twitter @iroiro_0x0 ) が声をかけてくださったのだ。
私が以前、緊縛モデルをした時の写真を展示するから、と。

その時の写真たち。(展示されていたものとは違うものもあります)
16.jpg

IMG_1473.jpg

IMG_1505.jpg

P1080437.jpg
他の写真はこちらからご覧いただけます。 あっきぃさんのサイト「photo-stock」
http://photo-stock.pupu.jp/wordpress/
格好よく撮るなあ。被写体ではあるけれど、ありのままの自分とはかけ離れている。それが写真の面白いところだ。

4年前。当時はマゾ嗜好なんてろくでもないものに取りつかれていて(今も)自分でも制御しきれなかったような気がする。脳みそが沸騰しそうだった。欲望だけが暴走する。

SMは相性が全てだと思う。お互いの欲望を解放できるスイッチが押せるかどうか。
呼吸制御や殴打の痛みを好んだけど、それも全て「脳」次第だったと思う。肉体の刺激が私の脳みそを解放する。

そういえば、手のひらに爪の先で暗示をかけて、全てを喰い尽くすイメージを共有できる知人がいた。
きっと、そういうことなんだろう。

2012年。この頃から、私は皮膚感覚の凄さに気付き、先達の助言を受けながら、自分のやり方を覚えていった。
全身を触手のように相手の身体に這わせ、撫で、くすぐり、引っ掻き、思い切り首を締めた。時に髪を掴み引くこともあった。内臓を圧迫し、内側に指を差し入れ、踊らせる。皮膚に爪を立てる。稀に、縄を使うこともある。相手の胸に聞き、それを望むか受け入れられるようであれば。
立場が逆転しているのか。いや、そうではない。私は相手に同調して歓びを得ているから。(それも昔から変わらないなー)

つまらない一人語りはお終い。
ひと首輪展で、私は久しぶりの再会をした。
彼女は、画家として出展していた。そして、カラーセラピーも行っているのだと言う。
鮮やかな色の小瓶が並んでいて、とてもきれいだ。セラピーって、よく解らないけど。
「カラーセラピーは、占いでは無いんです」
彼女は、まるで私が占いに興味が無いことを知っているかのように語り出した。
「鼠子さんが気が付いていないかもしれない、心の奥を覗くことができるかもしれません」
正直なところ、彼女を応援する気持ちがなければ、素通りしていたと思う。でも、私は美由樹さんを励ましたいと思った。相変わらず華奢すぎる身体で、たった一人でこのスタジオに立っているのだから。
「では、仕事のことで相談してもいいですか?」
この日、私は仕事の直前にイベントに寄っていた。2時間後には指揮者として稽古場に入らなくてはならない。急に入った依頼で、短期間でステージを仕上げる必要があった。電車の中でもスコアを眺め、何となく頭の中でイメージを組み立てながら、この会場に来たのだった。
彼女は、私の職業を知らない。お互いに、アンダーグラウンドでの通り名しか知らない。
「もちろんです。お悩みがおありですか?」
しまった。特に悩みとか、無かった・・バカみたいである。
そんな状況でセラピーを受けるのもどうかと思ったが、まあ、なりゆきだ。
彼女は呆れた風も無く、淡々と色の小瓶を並べ替え、私にいくつかの質問をし、私は順番に3つの色を選んだ。
好きな色を選ぶわけじゃないから、ちょっと難しい。目にひっかかった色というか、伸ばした左手が選んだ色というか、そういう感じだ。それでも、まるで医者が患者の様子を見るがごとく、仕事のやり方や人間関係なんかをばしばしと言い当てていくのはすごい。

20分ほどで、セラピーは終了した。
何となく、ちゃんと覚悟を決めてやらなきゃな、と思ってた背中を後押ししてもらった感じで、感情のトーンがフラットになっている。すっきりした感じ、と言うべきか。
DSC_0463.jpg
ちなみに、私の色は「インディゴ」らしいですよ。好きな色や似合う色はゴールド系や赤だと思っていたので、真反対である。
でも、深い藍色の瓶を何度も選んだのは、まぎれもなく私の左手なのだ。不思議。

ぜんぜん首輪の話してないですね。太くてごっつい首輪が格好良かったです。欲しい。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

十五夜

知人の話。
彼は最近、本当に久しぶりにお腹を壊したのだそうだ。
仕事中に二度もトイレに駆け込む羽目になったそうだ。それでスッキリしたものの、荒れてしまったお尻の穴はズキズキと痛むらしい。まあ、そこまでなら思い浮かぶ感覚である。しかし、彼の場合はおちんちんまで「ビクッとする痛み」が走るらしい。まるで肛門から男性器まで一本のラインで繋がる一つの臓器であるかごとく。そのために「なるべく刺激を与えないよう」そろそろと歩いているのだそうだ。へええ。ちなみに、女の身体はそういうふうには出来ていない(と、思う)。この現象が極めて個人的なものなのか、男性諸氏には共通する法則なのか、これまた謎。男女の溝は深く、計り知れないものだな。

今年の十五夜は十五日の夜。
毎年、いつのまにか過ぎ去っている中秋の名月だが、今年はだいぶ気にしております。
すすきは手近に無いので、せめてキヌカツギでも、と思ってスーパーマーケットに寄り、サトイモを手に取ったものの、魚売り場でおいしそうなカツオの叩きが並んでおり、イモよりカツオを取ってしまった。こうやって、食べたことのないキヌカツギはまた来年に持ち越されていく。
DSC06554.jpg
というわけで、十五夜の献立。
カツオのたたき。大葉とショウガどっさり。見込み通り、アブラが乗っていてうまいうまい。
ナスとあぶらげの味噌汁、ごはん。写真撮るなら、ちゃんと並べてから撮ればいいのに。毎度タイミングを失敗している。
卵とこんにゃく、キノコとモヤシの中華風いため。キャベツの浅漬け。
DSC06553.jpg
デザートは、ミルクティーと巨峰。


日記としての機能をもはや捨てておりますが、まあそれはそれとしてブログランキングなど。

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

濹東綺譚

通勤途中、たいてい何か読んでいる。
たとえば、春から夏にかけては、オカルトもの。
ホラーイベントの案内人をするようになってから、もう毎年の恒例である。
小説や民俗学、犯罪関連の書籍をまず当たり、それ以外にもヒントが落ちていないかと、神頼み的にウェブの世界も彷徨う。

投稿サイトを見ると、面白いことに、毎日毎日、読み切れないほどの投稿がある。
さすが、魑魅魍魎なインターネットの海。すさまじい玉石混合具合ではあるが、「あれ、これ読んだことあるなあ」というものもいくつか遭遇する。
そう。名作は生き残るのだ。有名どころでは「きさらぎ駅」とかですよね。「ことりばこ」とか、「幽霊だけど質問ある?」とか。定番のものは目にする確率も高い。

この夏、面白いと思ったのは、「事故で死にかけてから幽霊見えるようになった人の話」
投稿者に質問しながら、一か月くらい続いているやりとりが結構リアルでついつい読んでしまう)
興味ある方、覗いてみてください。
http://www.mononokereport.com/entry/2016/06/04/121349

まだまだ暑いけど、気分的にはもう中秋の名月だ。
オカルトは卒業して、Kindleの小説を心行くまで読むとしよう。
近面白いと思ったのは永井荷風の小説、濹東綺譚だ。
きっかけは、twitterで流れて来た一枚の写真である。浅草のストリップ小屋の楽屋に、半裸で舞台化粧を施した女性たちに囲まれるスーツ姿の作家の姿があまりにも瓢々としていて、その写真の解説には「文化勲章を受章した当時の記録」とある。文化勲章とストリップ。あまり親和性のない単語に思える。

舞台は、東向島である。
この界隈は、以前、仕事で何度も転車で走り回っていたところだ。
永井氏の文章は昨日書かれたそれのように新鮮で読みやすく、特にこの地域のことをつぶさに書いている。愛着があったのだろうか。残念ながら、街並みに面影は残されていない。僅か六十年の間に、路面電車は無くなり、寄席はスーパーマーケットに替わっている。当たり前のことだ。永井氏の文章があまりにも瑞々しいために、つい、彼が目にした「玉の井」の風景を私も覗き見たくなってしまうけれど。

当時、この辺りの女性の一割ほどは、日本髪を結っていたそうだ。信じられない。
傘を貸した女性に手を引かれて雨宿りをする作家。彼女は髪結いからの帰りで、島田髷には銀糸が結ばれている。仕事の準備をするために単衣を肩まで下げ、首の下からおしろいを刷毛で塗っていく。この場面がとても好きだ。
DSC06550.jpg
紅茶と梨。それに本があれば。何とも満ち足りた夜。


ランキングに参加しております。よろしかったらひと押しなりとしてくださいまし。

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

ツタ

蔦の多い森だった。
私はこの細くしなやかな植物が好きだ。どこに本体(?)があるのかわからないくらい、自由奔放に手を伸ばす。
C06042.jpg
美しい水辺。緑は濃い。
DSC06045.jpg
夏も近いというのに、遅咲きの藤がまだ残っていた。
DSC06134.jpg

DSC06059.jpg

DSC06049.jpg

DSC06050.jpg

DSC06061.jpg


ランキングに参加しております。意外と寒い秋風に震えるヘビ女に応援のひと押しをどうか。

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

1111848.jpg
この写真のころ、私はどん底だった。大げさだけど。この先ながく生きていくのはしんどいなー、とすら、ふと考えてしまっていて、だから、こんな顔が撮れたんだと思う。
喉元過ぎれば、で、その時の状況にも慣れ(若干の改善もあったし)で、今見ると、あー、この顔、いいなーと思う。やさぐれてて。縛られるような女にはこういう酷い顔のほうが合うような気がするのだ。
本当は、縛られている時は、もっと汚いものが染み出してくるような顔でいたい。この時は、たまたま、偶然、撮ってもらえたけど。

続きを読む»

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

ステーキとスニーカー

家族の祝い事で、ウルフギャングステーキにて会食など。
新しいフォルダー
パンがおいしい。ホウレンソウのソテーをくったくたにした感じの付け合わせがすごく美味しい。日本には無い食べ物だ。
口にしたことがない不思議な触感。

子供を連れていくなら、この店はすごく良いと思う。
子供扱いせず、高級感のあるグラスや大人と同じ大きな陶器のお皿。
だけど、倒れにくいように広口の低いグラスで。もっと小さな子にはシリコンの蓋をつけてくれて、こぼれないように。
お皿の温度も、大人とは変えて、火傷しないようにしてくれているし。フォークやスプーンも、同じデザインだけど小さなものをくれる。
姪っ子はお姫様待遇に大喜びだった。
それなりのサービス料は支払うけれども、子供の世話をしながら大人も会話を楽しみつつ、普通のスピードで食べられる店はそんなに無いので、年に一度くらいなら気持ちよく奮発しちゃえ、と思う。肉は文句なく美味しい。一キロを超える肉のかたまりを、上手に焼いて取り分けてくれるし。骨の周りの肉に齧り付く相談をしていたら、お店の人がいったん下げて取り外してきてくれた。そういう仕組みなのね。はずかしー。

ドレスコードがあるもんで、うっかりパンプスなど履いていったらバカみたいに靴ずれした。
足をかばって歩いていたら、義弟が丸の内のセレクトショップでさっさとスニーカーを買ってくれた。
普段、自分では絶対に足を踏み入れないタイプの店。義弟はお洒落な男であることは知っていたが、びっくりである。
恐縮しつつ、ありがたくいただいた。
DSC_0453.jpg

サテンのワンピースにストッキング。それにスニーカー。こんな格好もまあ、たまには。

これから一度帰って、荷物を入れ替え。楽器を担いでリハーサルに行ってきます。
肉をくらったので元気いっぱいだよー。吹くよー。

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

壊れたピアノ ひと首輪展

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク