FC2ブログ

外国の銭湯

DSC06249.jpg
歴史のありそうな教会を越えて歩く。坂道の多い。そして小さな町だ。一時間ほど歩くと一周してしまう。
06.jpg
温泉街である。100年近く、ジャングルに埋もれて、その存在すらも完全に忘れられていたという遺跡を見に行く。

↓遺跡
07.jpg
遺跡とはいうものの、何で忘れられてたんだろうっていうくらいの、新しい遺跡。密林、恐るべし。しかし、今ではびっくりするくらい丁寧に補修されていた。朽ち果てた木枠はすっかり新しいものに変えられ、壁のタイルも同じ色のものが貼られている。(上のほうだけピカピカだからたぶんそう)
03.jpg
日本統治時代の銭湯には映画館も併設されている。部屋の中では当時のフィルムが上映されていて、自由に見ることができる。二階建ての豪華な建物だ。階段を下りると豪華な百人風呂がある。当時の写真を見ると本当に大勢の人たちがお湯につかったり寛いだりしている。写真も残っているくらいの時代なのに、完全に密林化しちゃうなんて。カンボジアだけじゃないんだなあ。

温泉、入ろう。真っ白な塀にはクロスの模様。かわいい。
DSC06251.jpg
滝の湯、という名称からして、日本統治時代からのものだ。
更衣室すらない。コンクリートの湯船がひとつあるだけである。
暖簾をくぐったら、まず真っ暗である。裸電球が一つ下がっているので、目を凝らすとぼやっと全景が見えてくる。
足元にいきなり湯船があるので、濡れないように靴下を脱いで、壁との隙間を(服のまま)歩く。
湯船の奥に洗い場(っぽい)があるので、そこで服を脱いで棚におく。
むき出しのパイプにいくつか蛇口が付いているのだが、これは水。
温泉の温度は50度である。湯船に腕を突っ込んでみて、これはきびしいなー、と思う。
だいたい、地元の女性たちだって、一人も浸かっていないじゃないか。
彼女たちが何をしているかと言うと、湯船の傍で、なんとリンゴを齧っている。皮付きのまま、丸ごと。
そして、齧りながら手のひらで自分の身体をビシャビシャと叩きまくっている。かなり強く叩いている。健康法だろうか。
50度のお湯を水で薄めて何度もかけ湯をし、そっと足元から入る。
熱いお湯を身体にかけて慣らしながら入ろうとしていると、注意される。
中国語がまったく解らないが、たぶん「湯をかきまわすな、じっとしていろ」ということだと思う。
せっかく来たのだし、とがんばって1分ほど浸かり、それが限界であった。
onsen.jpg
薬効あらたかな温泉らしいです。暗くて汚いのが苦手な人にはダメかもしれないけど、私はすごく気に入った。タオルも無料で貸してくれたし!
ぜひ、お湯を混ぜずに静かに浸かってみてください。おすすめです。




ランキング参加中。

テーマ:素人 - ジャンル:アダルト

綿のパンツ

つまり、勝負パンツでない。

新品ですらない。数百円の綿のパンツ。
DSC04808.jpg
期せずして、羞恥プレイ的な。
DSC04800.jpg
ちなみにわたくし、ストッキングこそマットよりツヤテカ派ですが(誰も聞いてない)、下着は天然素材を好みます。つまり綿。
DSC04786.jpg
ちなみにわたくし、ブラジャー的なものはしないので(撮影用の衣装としてしか持ってない。言葉どおりの勝負下着)たいへんに身軽である。凸がないもので。
DSC04796.jpg
そんな私の(誰も知りたくない)下着事情をお送りしました。
DSC04810.jpg
ちゃんちゃん。
DSC04813.jpg

DSC04817.jpg

DSC04824.jpg
春よ、来い。
DSC04717.jpg

DSC04718.jpg

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

空薬 1

C02898.jpg
「この目薬は"空薬"っていってね。空に似た色のものだけが透けて見えるんだよ」

上海の裏通り。
古い雑居ビルにはエレベーターすらもなく、埃まみれの狭い階段は、壁も天井も鼠色に汚れて区別がつかない。
黴臭さを堪えながらゆっくりと4階まで上がると、このフロアだけが狭く、まるで屋根裏のように天井も低いことが解った。
一つだけあるドアをノックしようとしたとき、「ごほごほ・・」と老人の咳込む音が壁の向こうから伝わってきて、思わず動きを止める。
「请进(おはいり)」

続きを読む»

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

恋する達磨

三白眼の、達磨。右は、去年、先生に入れてもらったお手本。
DSC07360.jpg

母親は「信心」とか、「縁起担ぎ」というものを用心深く排除する人だったので、この手の楽しみは大人になって家を出てから覚えた。
熊手を買いに行ったのも、大人になってから。昨年、ようやく花園神社で手に入れたのだ。商売を生業にしてる訳でもない。純粋にオブジェとして壁を飾っている。
達磨に目を入れるのは楽しかった。「大きな地震が来ませんように」と呟きつつ。なんかネガティブな願掛け。もうちょっとまともなのはないのか。

神社に行く時、皆は何を願うのだろう。
願をかけるわけでもなく、なぜ私は神社仏閣を見つけるたびに寄ってしまうのだろう。
その境内、空間は気持ちが良いことが多いのだけれど、いざ、柏手を打って頭を下げると、願うべきことが見当たらなくて焦ってしまう。とりあえず、「この町に、このまま、穏やかに時が流れますように」と、心の中で呟いたりするのはまだましで、心がからっぽのまま顔を上げてしまうこともある。神様から「何しに来た」と言われそうである。

あ。でも、かかりつけ(?)の神社があるんだけどね。
そこは、大事な演奏会(≒成功させる義務と責任があるやつ)の直前にお参りに行く。
そして、打ち上げ後でヘロヘロになってようが、夜中だろうが、その日のうちにお礼に行く。
神社は夕方過ぎたら行ったらあかんらしいけど、大都会の隙間にあるそのお稲荷さんは、夜でも煌々と灯りが点いてて、何というか24時間営業中みたいなウエルカムな雰囲気を醸してるから、ついつい寄ってしまう。そんで、お賽銭とお供え物を供えてきます。
DSC_0693.jpg
なんとなく、後ろの達磨が奥ゆかしい感じ。見つめる達磨は、恋する達磨?

今日も、話がどんどん流れてまとまらない。

「だるまさんがころんだ」
ランキングに参加しております。よろしかったらひと押しなりとしてくださいまし。

テーマ:コスプレ - ジャンル:アダルト

Pittarena

週末は、全身タイツイベント"Pittarena"だった。デパHの直前祭。
念願の丸ちゃんさんにお会いできて感無量!
初対面とは思えないギャップの無さが凄い。あったかいキャラクターで場を和ませてくれる。主催、お疲れさまでした!ありがとうございました。

全身ストッキング、略してゼンストの体験企画があって、主催者のローエンさん直々にご指導いただいたので、ぜひ試してみようと思います。ストッキングとゼンタイの生地は、糸の種類も厚みも全く違うので、感触も違うし、何より拘束感が凄い。ゼンタイの上に着たからかもしれない。ストッキングonゼンタイonストッキング×4枚、ていう、すさまじい重ね着になってしまった。この不自由な圧迫感と汗まみれな感じにグラグラする。

DSC07049.jpg

DSC07057.jpg

DSC07059.jpg

DSC07052.jpg

DSC07050.jpg

写真は、昨日の続き。ゼンタイもそうだけれど、水濡れストッキングも、やってみないと解らない感触である。
DSC07062.jpg

DSC07067.jpg
ぴったりフィットなお遊びは、脱いだ時の解放感がたまらないのです。

お化粧も似たようなところがある。舞台用のがっつりメイクをするのも変身できる感じが面白いし、戻ってきてコールドクリームでばーっと落として、お湯でざばざば洗って、タオルでリセットした時の快感たるや。

何の話だか、何の写真だか、ていう今日の日記。


ランキングに参加しております。よろしかったらひと押しなりとしてくださいまし。

テーマ:淫らな肉体 - ジャンル:アダルト

湯けむり

濡れた肌に雪が降ってくる。
DSC07027.jpg
雪見温泉。下のほうに見えてる白いのがそう。説明しないと見えなくて残念。

DSC07031.jpg
蛇口をひねると、温泉が出てくる。ちょう贅沢。

DSC07038.jpg
贅沢すぎる、熱さ。(入れない)
SC07033.jpg
やっと、入れました。
07045.jpg
photo by Usa. Thank you !

唐突にストッキング写真をUpしたのは、昨日のイベント”Pittarena"の余韻です。
ゼンタイイベントに行ったのに、ストッキング欲が益々です。この冬はしっとりマットなストッキングがマイブームですが(いらぬ情報)お湯に沈めるなら、15デニールくらいの薄いのが気持ちいい。


ランキングに参加しております。よろしかったらひと押しなりとしてくださいまし。

テーマ:淫らな肉体 - ジャンル:アダルト

カレー団地

冷凍庫から福豆を発掘する。豆ご飯にしてもまだ食べきれないのを、うっかり忘れていたのだ。
この前、下北沢の南インドのカレー屋さんで豆と野菜のスパイス和え(カレーとは別に出て来たんだけど、カレー味ではある)を食べておいしかったので、いけるはずと思って。
DSC07356.jpg
また、材料しか撮ってない。結果、おいしかったです。とにかく、カレーの唯一のコツは、辛くなりすぎないようにすることだ。東南アジアはホント、油断禁物なのだ。お腹痛くなるくらいトウガラシを入れてくるからなー。(それなのにタイカレーの素を買ってきてるし)

団地散歩。
DSC_0592.jpg
団地が好きだ。理由はわからない。ただ、子供の頃から憧れていたけど(田舎だからね、友達もみんな一軒家だった)
東京暮らしが長くなってくれば、考え方も変わって、今は古い一軒家に住みたいと思ったりするけど、それでも米軍ハウスが理想だったりするので、なにか「いっぱいあるお揃いの建物」が好きなのかもしれない。
DSC_0594.jpg
高島平に、たまに仕事で行く。
初めて行く時は、「あの高島平!団地の!」と興奮したものだが、今もやっぱり興奮しながら歩いています。はあはあ。

SC_0520.jpg
団地に市場が入ってるとか、もう最高だよね。台北のビルの谷間にもポコンとこんな感じの場所があって、最高に興奮した。香港にもあるらしいので、ぜひ行きたいと思っている。

縦にも、横にも、どうにもカメラには収められない大きさが好きだ。
DSC_0522_20170226122704423.jpg
野菜や肉を売る人の上には、赤ちゃんが寝ていて、夕飯にカレーを作っているお母さんがいるかもしれない。本を読み、テレビを見ながらリラックスしているご老人もいるだろうし、きっとそのうち、身体を休めに帰ってくるサラリーマンたちも、この建物に吸い込まれていくんだろうな、と、ベランダにかかる洗濯ものを眺めながら想像する。



カレー好きな貴方の一押しをお待ちしております。

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

シェルター

厚みのあるガラス窓が頼りなく思えるほど、吹雪の勢いがきつい。
ガラスのそばに顔を近づけると、そこだけ温度が低いのだろう。氷のような空気の層があるのを感じて、あわてて身体を引いた。
C07109.jpg

桃の節句も過ぎたというのに、こちらでは、まだ氷と雪に包まれている。湯島の梅はもう満開だったが、この町では開花まで、まだ二か月かかるそうだ。
つい三十分ほど前までは、雪がちらつく程度だった。国立公園の駐車場に車を停め、男の指示に従い、私は全ての衣服を脱ぎ、男の用意したベンチコートだけを羽織って林に入った。フード付きで軽く、暖かい。それに作業用のゴムブーツに素足を突っ込み、車の外に出る。
雪の中では、縄の音も吸いこまれるようだった。生き物の気配も感じない。ただ、私は素肌を雪に晒したまま縛られ、杉の大木に括りつけられた。男はカメラを構えたが、空を見上げると舌打ち一つして後ろ手に縛ったままの私に長靴をはかせ、上からコートを羽織らせた。
「急げ。吹雪いてくるぞ」
まだ、数枚も撮っていないはずだ。男はこの場所で数カット撮る予定だと言っていた。
男は、私を抱えるようにして歩き続ける。歯をガチガチと鳴らしながら、必死に足を動かした。男の言った通りだった。数分もしないうちに、雪の勢いは増した。一人なら、とうてい駐車場にまで戻れなかっただろう。春先で緩んだ雪に何度も足を取られ、膝をつきながら林を抜け、車のドアをあけてもらうと、倒れるように中に入った。

男は不機嫌そうに見えた。ただ、運転席に乗りこむとエンジンをかけ、そのままじっとしている。やがて、車内が温まると、男はベンチコートを脱がせた。また、裸だ。こんなところで。確かに窓は曇っているけれど、駐車場には温泉目当ての観光客が何台も停めているのが見える。
男は、私にゴムの袋を被せた。髪の毛が引っ掛かっているのか、引き攣れているような不快感がある。目の奥が痛んだ。
DSC07192.jpg
「ガスマスクって、虫みたいだろ?虫をさ、雪に転がして、埋めてみたかったんだよ。無理だったけどな」
DSC07163.jpg

DSC07184.jpg

「せめて、ここで撮りたい。それが、俺の要求。」
DSC07198.jpg

DSC07202.jpg

DSC07207.jpg

DSC07190.jpg

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

電池

仮の相棒。何とも素っ気ないシールを貼られている。
DSC07856.jpg
通信会社の保険に入っているので、年に一度、バッテリーを交換することができる、らしい。
手続きをしようとしたら、我がモバイルは防水仕様で、そのために工場修理の扱いになり、無料交換はできないそうだ。ショップでは、ひたすら「もう2年もお使いなのでしたら、新品に変えたほうがお得です。機種変更しましょう!」と勧められる。だが、今の端末が好きなのだ。薄くて小さくて軽くてしかも防水。もうしばらくは、使いたい。

というわけで、代替機を借りて、メーカーに里帰りしてもらっているわけだが、しかし、まさかの、である。この仮マシンこそが、まさに電池喰い、であった。半日どころか、4時間くらいしか持たない。いやはや、まいったね。

へそを曲げそうになったところで、なんと通信会社がフライドチキンを奢ってくれるという。金曜日限定で。
そうかそうか、と、喜んだものの、この日は飲み会だったのでね。夜更けに交換してもらったものの、すでに満腹である。「また明日ね」と、冷蔵庫のドアを開けて放り込む。

土曜日の朝。7時に起きて、税金がらみの用事で出かけ、帰りに野菜と肉、牛乳、豆腐を買う。今朝の市場は、野菜がとても瑞々しく見える。大好きなブロッコリーも買う。夕方、一週間分の料理を仕込んでおくつもり。部屋に戻って掃除をし、毛布とシーツを洗うと、さすがに空腹である。
レタスをちぎり、トマトとキュウリを刻む。冷蔵庫の中で死んだように固くなっているフライドチキンをレンジで温めると、スパイスの効いた揚げ鶏の匂いがしてきた。肉をナイフで刻み、野菜に乗せる。ボリュームのあるサラダ。パンをトースターで温め、イチゴを洗ってヨーグルトとあえる。濃く入れたカフェオレで昼ごはんにする。

がつがつ、がっつく。もう、あっという間に食べてしまった。朝ごはんを抜くことは滅多に無いのだけど、空腹は心から余裕を奪うような気がする。些細なことでイライラするのは良くない。やっぱりちゃんと食べよう。

さて、仕事に行ってきます。帰ったら、また、ごはんを作る。そして今度こそゆっくり食べよう。

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク