FC2ブログ

いずれにせよ、写真はない

カップルさんの撮影。
いちばんのライフワークなのに、写真もなければ証拠もない。
理由はたった一つで、自分ならまだしも、他人様のセックスシーンをWeb上に投げるなんてリスキーな行為は恐怖しかない。何をいまさら、ですけども。当たり前のことですまぬすまぬ。
手元にデータを置いておくのも怖い。だから、そのままデータカードをカメラから抜いてお渡ししています。

失敗もあれば、もう一生、この光景を忘れることは無いだろうっていう最高の思い出もある。いくつもある。
最初から、自分の頭の中にだけ保存する気持ちがそうさせるのかもしれないし、細くて長いお付き合いを続けさせていただくうちに、空気のような存在になれるのかもしれない。←願望。

たとえば、とある彼女と彼の風景は、海のそばのお洒落なホテルで。
あまりにもガラス窓が大きいから(壁一面、窓だった。豪華やなー)彼女の裸体が夕日にきれいに映えて、美しかった。
彼はスーツ姿で、ベルトだけ外して、立たせた彼女を打った。
すごく痛いんじゃないかと思うけど、彼女の反応は痛みより、何か他のものが強く見えて、羨ましかった。
立たせて打つだけ打つと、次は四つん這いにさせて、また打つ。
彼は硬そうな革の靴を履いていた。
彼女はそれで頭を踏まれたいと言っていた。
私もその風景を見てみたい。

ショウではなく、できるだけありのままの姿を見せてくれようとしているのがわかる。
もちろん、部外者の存在は大きいと思うし、無茶なお願いをしているのも自覚している。
自分自身は他人から見られることは耐えられないくせに、酷いものだ。

彼が、彼女が、「見られたい」願望の持ち主であることも多い。そんな時は、わりと、気が楽である。
彼が自分で撮った写真は、マクロにしても寄り過ぎて、ピンボケの局所写真ばかりだったりすると、何て素敵なカップルだろうと思う。同じ構図ばかりの写真も、想いや妄想の強さがそうさせるのだ。想像力がカメラを凌駕する。そんな時、少しだけ距離を離して撮る。彼の横顔や、手元も撮る。彼女のために。

お二人が満足してくれている時は、事後のピロートークで解る。
リラックスした表情で、お二人のなれそめなど聞かせていただける時には、この上なくホッとする。

ご依頼、ご相談、お待ちしております。写真、ビデオともに承ります。秘密厳守が取柄。いかが?

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

撮影者と被写体

数年前、業界団体の会報に載せるプロフィール写真が必要になり駅前の写真館に行ってきました。
先代の店主は丸メガネをかけた寡黙な職人でしたが後を継いだ若旦那は陽気なパパラッチという感じ・・・・
「もっとー笑顔! 口角あげてー ガハハノハ! はい頂きましたー」 って攻める攻める・・・
右向いたり、斜に構えたり ライオンのポーズ(?)させられたり・・・ いやー モデル役ってこんなに大変なんだ・・・撮影する人により作品も変わってくるというのにも納得  まさに共同作業ですね・・・ 
ねずみこ監督の作品にも 怪しい通行人役で良いのでお声かけくださいませ♪

No title

ゼンタイねずみこさんの写真が楽しみでお邪魔しておりましたが、今日が一番ドキドキしたかもしれません。
私も撮って頂きたいと一瞬思いましたが、とてもお見せできる体じゃないことを思い出しました。 はやく気付いてよかった…

Re: 撮影者と被写体

うわー!それ、やりづらいですよね(笑)
会報の写真には、もちろんライオンのポーズで載ってほしいです。
ジェノさんの顔芸を知ってるとは、やるな、さすがプロですなー。

ぜひぜひ、撮らせてくださいませ。くひひ。楽しみー!

Re: No title

わああ。
かんたさんのお写真、ぜひ撮らせていただければ嬉しいです。
一般的なモデルさんの体型じゃなくても、いろいろあっても、いいんですよ。その人が伝われば。
でも、まずは、お大事に、ですよね。
コメントをくださって、ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさま

ぜひぜひ。またお会いできますように!
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはBDSM。ゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。
ツイッター @nezuminoko

ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
RSSフィード