FC2ブログ

新宿ゴールデン街

ポルノグラフィティのシングル「黄昏ロマンス」のジャケットの背景。

tasogare

私の持っている「新宿ゴールデン街」のイメージは、これで全部、だった。

新宿、歌舞伎町には「四季の道」ていう遊歩道があって、新宿の稽古場に行くには必ず通る。
昼間はいいんだけど、夜はちょっと・・かなり怖くて、足早に通り過ぎるところ。
横目に、すごく細い路地が見えていて、実はその路地こそがが「ゴールデン街」だったことが判明。

連れて行ってくれた男の子の背中に、必死でついていく。
背の低い、2階建ての木造建築がひたすら並んでいる。
小さな片開きのドアも。
たまにドアが開いて、お店のお姉さんらしき人が出てきたりする。
明かりの点いてない看板や、紙に書かれた看板みたいなのも。
道幅は相当狭くて・・大人二人で並ぶのがやっとだ。

「あいてるかな」
絶対に開かなさそうな黒いドア。
「あ、あいてた」
あっけなく開くんだね。
でも、そこに見えたのは、ドアの幅きっちり、の階段だけ。
そして暗い。

不思議すぎる!!!
つまり、ドアを開けたら、階段しかないんですから。

頭上から「いらっしゃい」の声。
(楽器担いでたら、絶対入れないな・・)
手ぶらで良かったと、ココロから思う。

ゴールデン街初体験の小さな小さなお店は、入ってしまえばとっても寛げる場所だった。
お店のお姉さんは元は男の子だったみたいで、「でも今は、ほらね♪」と膨らんだ胸を見せてくれる。
(ナマです♪)

「こんなに小さいお店でも、ちゃんとトイレがあるんですね」
割と失礼な質問をする自分。
「ないお店もあるわよ~。昔、トイレに行くのに、カギ借りたことあるもの」
一度店を出て、トイレのある建物にカギを開けて入り、用を足し、外からカギを閉め、
また階段を上がって店に戻る。
酔っ払ってるひとには、かなりの上級テクニックじゃないだろうか?
ゴールデン街初体験の私に、歴史のお勉強をさせてくれるお姉さま。
「この辺は青線って言ってね、非合法のお店が沢山あったの。
 一階が飲み屋になっていて・・ほら、ここは2階だけど、こういうところは『ちょんの間』って言ってね、
 ここで女がお客を取るわけね」
「ああ、だから2階の窓が大きいのかなあ」と、カウンターの女の子。
「なんだか、オランダみたいなハナシですね」と、私。
「それはそうと、なんだよ、あのトイレの写真!!あれ、誰だ?!」と、友人。
「アタシよぉー!!キレイでしょう?」と、お姉さま。
「どれどれ?!うっわー、きっれいー!!でも、何だか別人みたい??」と、私。
「おいおい、フザケンナよ?」と、友人。
「もう少ししたら、また痩せるのっ!!」と、お姉さま。

知らないお客さんと話も繋いでもらったおかげで、とっても寛いだひとときを過ごした。

あー♪たのしかったー!!

テーマ:M女のつぶやき - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

非日常っぽい!

笹の葉さん、おはようございます♪
ドアを開けたら階段だけなんて、すごく非日常っぽい!
案内してくれる人がいなかったら、その階段を上るのは怖いような…。

昔、フツーのおとうさんがやっている小さなバーに連れていってもらって、きれいな女性の写真を見せてもらい、その女性=おとうさんということを知ったときの衝撃を思い出しました。
そのお店も、私にとっては非日常的だったのですが、とても寛げる空間でした。

こんにちは

四季の道

むかし 都電が走ってました。その先は車庫だったような。

途中広くなったとこりは、すれ違いの場所。そこを通ると、昭和なんです。

萱子さん


ああ、限りなく似ているかもしれません(笑)
でも、私には100パーセント女性に見えてしまったのですよねー。
ジャージでノーメイクだとしても、完璧に女の子に見えたわー!!

でも、どうやら私には見る目がないそうで☆
変態さんたちと歩いていると、「あ、今の、女装子さんだ」「あ、今も」って教えてくれるのですが、彼らには私には見えないナニカが見えるらしいです・・・なんでわかるんだろう?!

川の流れさん

うわお。そういえば、聞いたことあります・・
すごーく狭くて、きっと遊園地のライド系アトラクションみたいな感じだったのではないでしょうか?!

うーん!!乗ってみたい!!

次に通るときは、そう思って歩くことにしますね♪きっと、違う風景が見えてくるような気がします。

むふふ

楽しかって良かったね♪

むふふふ

氷玉さん
はい♪
また遊んでください(^^)

生意気盛りの学生時代はよく行きました。なんだかそれこそ青ッチョロイ話で意気込んでたような気がします。(苦笑)
どこら辺の店だか、ほとんど忘れちゃいましたが、ビールケースに座布団括りつけたのを椅子がわりにしてたのをよく憶えています。

今はかなりのお店の経営者が変わって、客層が変わったと聞いています。時は移るもの。若い人が出入りできるのはいい事じゃないでしょうかねえ。


新宿といえば、その頃知り合った飲み屋(ゴールデン街からちょい離れ)のマスターが、行方不明の末、20年数年ぶりに新宿に帰ってきて、店を再開したのも聞きました。だらしなく客と一緒になって毎夜酔っ払って、店潰した挙句の夜逃げ。
なのですが、どうも女性はそういうダメンズに弱いらしく、いつも側に女性が居て、チクショーと思いつつ憎めない人でした。
明け方、いつの間に彼女といなくなっちゃったと思ったら、突然電話かかってきて、「これから箱根行って温泉入るからよ、店仕舞い頼むわ。」
弟分の客(私)とこれまた彼に憧れる妹分の客に店仕舞い任せて・・・・・・トホホ
行方不明中も、オンナだけは側に居たらしい。もちろん、とっかえひっかえ。

そういう不思議な人種が、生息できる街が新宿の魅力なんでしょうね。

行ったんだ(*´艸`)面白かったろ

あ、あいすさんと、カバさんだww

ぜひ一緒に歌舞伎町で、あそびましょーね>笹の葉さん

意外~!!

マロニエさん
マロニエさん『だけ』はこのエントリーには無縁だと思ってました(笑)なんていうか、もう勝手なイメージなんだけど、こういう場所には無縁の坊ちゃん育ち(言い方悪すぎ^^;育ちの良い男子っていう意味です。)だと思ってたー!!
スーツ着てお風呂入ってるのかと思ってたー!!
そっか。そっか。健全な男子だったんだあ^^

カバさん 涼音さん


そうなんですー。アイスさんに連れて行ってもらったの♪
でも、一人じゃもう二度と辿りつけない・・・看板、あったのかなあ??それすら見落としてるあたりが、万年方向音痴の原因な気がしてきました。
涼音さんになかなかお会いできないですねえ~。つい先程まで涼音さんフレンズさんたちとゴハン食べてたのですが(笑)涼音さん、ぜひぜひ今度、一緒に遊んでくださ~い♪

こうみえても

まだ一回も足を踏み入れたことのない場所なんですよ~
むか~しの記憶だけど、父親とそんな場所を歩いた記憶があるのはなぜなんだww

数年前、その遊歩道をしょっちゅう歩いてたんだけど
夕方になると、性別・国籍・年齢不詳な方がいっぱい居て
ちょっと近寄りがたいとこでした

ちょっとオトナになった今なら・・・無理かも
歌舞伎町の中でも異空間ですよね

笹の葉さんのその行動力を尊敬します

意外~!!パート2

白琥珀さん
白琥珀さんはてっきり通いなれてると思ってました(笑)
そっかー。放浪は、遠くに行くから意味があるのよね・・・

と、無理やり納得してみた。
(ステキなお父さんですねー!!きっと、少年にとっては冒険ですよね!)

意外-!!パート3

瑠美さん
>夕方になると、性別・国籍・年齢不詳な方がいっぱい居て

ですよね!!しかも、暗いんだもん!!(雰囲気とかじゃなくて、明かりのコトですけど。)
でも、早くもまた行ってみたくなってる私・・あんな小さな空間がうじゃうじゃあるっていうだけでワクワクです。

行動力なら、瑠美さんはぶっちぎりのナンバーワンですよ~!!(当社比・ご近所比)
あまりにも差がありすぎて、比べるのも失礼な感じです。思い切りの良さ、かっこいいです。
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク