FC2ブログ

肉の爪 Ⅱ

彼女の恋人はサディストなので、邪悪な爪を持っている。
爪というよりは、指なのだが。

悪意のある指の話をしよう。
彼女が鼠で遊びたがったので、彼は鼠を彼女の前に置いたのだ。
鼠は彼女のことが好きだったから、逃げることもなく、されるがままになっていた。
怖がりながら、彼女は鼠のそこに触れる。とてもそっと。

「どこが穴なのか解らないわ」
彼は彼女の指先に手を添えて誘導する。

あまりにもそっと入ってきたから、鼠は痛くも何ともなかった。
ひんやりとした滑らかな細い指は、鼠の穴にすぐ溶けてしまった。

「もっと入れてごらん」
男が煽る。
「怖いわ。痛くないのかしら?」
「見てごらん、ちっとも痛そうじゃないだろう?」

鼠はじっとして動かなかった。
彼女はもう一本指を中に入れたが、それも砂糖菓子のように一瞬で溶け、馴染んでしまった。
彼女は結局、親指まで全て入れてしまったけれど、鼠はじっとしていた。
長くて美しい爪が引っかかったときだけ、小さな声できぃ、と鳴いただけだった。
(彼が彼女の腕をとって、その腕ごと出し入れしようとしたのだった)

「やっぱり駄目よ。痛がっているもの。」
彼女はガラスのような目で鼠の顔を覗き込んで言う。

彼女の指と、彼の指を比べる。
男女の差故の大きさ、太さの違いはあるが、それだけだ・・・見た目では。
むしろ男の爪は短く丸く、鼠の腹の中身を破ってしまうことはなさそうに見える。

男の指先は、たった人差し指、それだけで鼠から苦痛の呻きを搾り取った。

見た目とは違う。
彼は、見えない邪悪な爪を持っているのだ。
邪悪なのは、意思だ。
オンナという生き物を痛めつけ、その悲鳴を何よりも愛で、肉を喰らう。
その者の指先にある、爪。

見えない爪は、彼女からいとも容易く、呻きと叫びを収穫する。
(その声は、絶望と幸福に満ちている)
自らその身を差し出し、さも幸せそうに男の餌食になる彼女もまた、狂っている。

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

うふふ

これはストレートに反応しましょう。お褒めの言葉を頂戴いたしました。ありがとうございます。
鼠さんは穴で、体で、読み取るのですね。さすが感度感性抜群のM。
彼女も狂っていますとも。それが自慢です。あはは。

ありゃりゃ

おっちゃん
いやいやいやいや、誉め称えたつもりはあんまりないんですが~。背中かゆいですよ(かりかり)
ああ、姫に踏まれたいなぁ♪(思い出しうっとり)
よろしくお伝えください。

狂ってる

自分は狂ってる…って脳で感じる感覚が私は好きです。
鼠の尻尾を掴まえてめちゃくちゃにしたくなる今日この頃。
すでに鼠の巣に囚われているのは私なのか…

またの名を

ぞんびさん
トカゲ子っていうんですよ~。
シッポ切ってにげちゃいマス^^ちょろりん。

はじめまして

素敵な文章ですね。
読んでいてゾクゾクしちゃいます^^

自らその身を差し出し、さも幸せそうに餌食になる…

とっても素敵な言葉ですね♪

p.s.
もしよろしかったリンクに追加してもよろしいでしょうか?

いらっしゃいませ♪

Yunaさん
ご来店及びコメント、まことにありがとうございます♪
求められるマゾ像としては「嫌がりつつも身体は反応」「ご主人さまだけに反応」だと思うんですが・・^^;
彼女も私も忠誠心バッチリ、というわけではないので、すーぐに気持ちイイことに流されちゃうみたいですねえ~。(やれやれ)
シアワセな時間を過ごすことが出来ましたー。惚気失礼!!
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク