FC2ブログ

たてもの

まるでタイムスリップしたみたいな風景
IMGP3740.jpg
7月と8月の間に、夕涼みのイベントに行ってきた。
東京の小金井市には、古い建築物をあつめた野外博物館がある。
此処では毎年、真夏の2日間限定で夜間公開という名の夏祭りが行われていて、
和服を着ていけば入場料は半額になるので、広い公園の中は老若男女、浴衣がいっぱい。
お客さんがそのまま雰囲気を演出することになる。こういうのは楽しい。
(ええっと・・自分は無念にも洋服です。着てる最中に帯の結び方を忘れていることに気がついた)

IMGP3742.jpg
小道具にも凝っていて、長屋の裏には懐かしい感じの植木もきちんと育てられている。
井戸も、水が出ます。

IMGP3695.jpg
男子にはベーゴマが大人気。
見ているとずーーーーーーーっと、延々と遊んでいる。だんだん白熱してきて、止められないようだ。
ケンダマ、竹馬、それから・・・これって何ていう遊びだったっけ?
アラサーの自分が解らないのだから、もちろん子供は見向きもしない。
お父さんたちが「やってみろよー」とけしかけても、ダメである。
be-goma
女子のお楽しみは、こども化粧。
おじいさんがやってくれるんだから、イマドキのギャル化粧じゃない。
鼻すじにくっきりと白い線を一本、筆で入れる。
目尻と唇には真ん中にだけ、朱色でちょんちょんと点を打つ。
これだけで、不思議にぐぐぐーっと「オンナ」の顔になっちゃう。
最後に、わらで作った細いハチマキを付けたら完成。
不思議にキレイです。十才くらいの子がいちばん似合う。
狐の面ような、物の怪のような、妖しいうつくしさになる。

IMGP3743.jpg
たてものは、人が集まって命を吹き返したように見える。
実際にお店として売られるのは江戸風鈴や扇子や祭りのお面など。
たてものによく似合っている。

IMGP3748.jpg
和傘はよく売れていた。こうも暑いと派手な傘でも欲しくなるものだ。雲一つなくたってね。

IMGP3689.jpg
夕涼みとは言うものの、東京はここ数日、気温が摂氏35度を超える酷暑が続いている。
胡瓜ばかり齧ってしまうのも、仕方ないことなのだ。ぱりぱり。
(もちろん、タコヤキも焼きソバもカキゴオリもウマイ。ビールが飲めなくて人生大分損してると思う。お茶。)
かき氷はマンゴー味を食べた。マンゴー、本当に流行ってますね。さっぱりと酸味があって、おいしい。

edo tokyo tatemono en
本日のお目当てが、こちら。
『子宝湯』は、足立区から引っ越してきた銭湯なのだ。

open air arghitectural museum
いいお湯かげんです~~♪
けっこう深さがあって、年代物のタイルがそりゃあもう見事で・・・垂涎ですよぉ
タイル大好き!

open air architectual museum 2
のぼせそうになったので飛び出てきました。

edo tokyo open air architectural museum
こちらは男湯ですが、女湯では何と落語が楽しめちゃいます。
銭湯で落語?!

こちらは常盤台の写真館。外見が素晴らしくモダンですが、撮り忘れたー!
IMGP3798.jpg
2階のスタジオでは、本日限り、セピア色の記念写真を撮って貰えます。
爽やかな和装のカップルが仲睦まじく撮影している。微笑ましい。

edo tokyo open air architectural museum 3
とても小さなお風呂。
でも、こんなに明るいのはさすが写真屋さんだあ・・・
照明無し、夕方6時すぎとは思えません。

IMGP3799.jpg
木枠の窓が好き。
金具はあまりにもきれいで、もしかしてレプリカかもしれないけど、それでもいい。

edo tokyo open air architectural museum 4
大事なのは、この家がとても丁寧に守られているということだ。

edo tokyo open air architectural museum 2
ネコバス・・じゃなかった。
行き先は『上野広小路』 とある。
ボンネットバスは、思っていたよりもずっと大きい。

edo tokyo open air architectural museum 5
午後8時、武蔵小金井の駅から中央線で帰る。

Edo-Tokyo Open-Air Architectural Museum ←施設のトップページにリンク。
開園時間 9:30 ~ 17:30 (通常)
拝観料  大人 400円、子供 無料

たぶん来年も開催してくれると思う。
酷暑でなければ、家族でもデートでもじゅうぶん楽しめるお祭りです。
おすすめ♪

テーマ:日記 - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

あ。ホントのテーマパークだー!

ハプバーもアダルトショップもテーマパークに変えちゃう鼠こサン見てると、変態なんて特別付加価値を付けて楽しんでる私は淫靡とか背徳の文字がポロリととれ青空見たよな気分になるが、いかんいかん野外露出や排出器官に挿入があたりまぇ~になったら、それこそ人生の楽しみの半分を損するよーなもんだなんてね(笑。

〉たてものは、人が集まって命を吹き返したように見えたつぅ下りが好きです?鉄のワッカ転がす遊び、名前なんてあったかなー?遠い記憶です

Re: あ。ホントのテーマパークだー!

だんさん
エロ無しの日記にコメントありがとうございます♪
クラシック音楽にどっぷり生活ごと浸かるくらいですから、余程のアナログ人間なんですよね^^;
古い建物や道具や映画なんかが好きなんですよねー。ここは前々から、「裸足で上がらせてくれる博物館」だと聞いていて、是非きてみたかった場所なんです。
しかーーーし!!
根性無しの自分はあんまり堪能できなかったんです・・暑すぎて(><)
ものすごく広大な公園の中にあるんですよ。バス停からどんだけ歩いたか・・・真夏・真冬でない季節に再度訪れようと思います。小金井おそるべし。

はじめまして!

ここは割と近所なので、
何回か行った事あります!
今年は忙しくてまだ行けてませんが……

真夏・真冬でない季節に、
私もまた行ってみたいと思います(~o~)

イシュトヴァーンさん

はじめまして!ようこそお越し下さいました。ありがとうございます!
最近、中央線の魅力にはまりつつあります。訪れたいスポットがたくさんありますよねー!
この場所は、本当はもっとじっくり見たかったんです~~ほんと、夕涼みどころじゃなくて・・アタマがくらくら・・ああもったいないっっ
来年には、旅館なんかも移築されるみたいです。どんどん街が発展していくようで、楽しみです。
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク