FC2ブログ

逆さ吊り

吊られる。
SC_0267.jpg

脚が上がると、とたんに苦しくなる。
痛いし、苦しい。息がうまく入っていかない。
うえええ・・と呻いているうちに、身体がサカサマになっていく。
暫くはぐえええ・・なのだが、ある瞬間にふっと感覚が鈍くなる。
真綿で包まれたみたいに、周囲の音がぼんやりとしか聞こえなくなる。
ぼおおっとしているけれど、別に気絶しているわけではない。
気持ちいいわけでもない。
話しかけられても頭がぼーっとしてるから上手く応えられないし、でも出来たらこのまま静かに放っておいて欲しい。
降ろされる時、また周囲の喧騒が耳に入るようになってくる。まるでラジオのボリュームを上げたみたいに。
苦痛も激しく戻ってきてしまう。うひー。
だれかが「しんどいのかな」と言っている。
「だいじょうぶ」と言おうとして、ヒューヒューと息は漏れるものの、声になるまでに少し時間がかかりそうだった。
同じ逆さ吊りでも、全然苦しくない時もある。何が原因かはわからない。
縛る人が同じでも感じ方が全然違う時もある。
DSC_0262 1
「大丈夫?」
モデルの女の子は優しい。
声をかけてくれたり、時には縄を解くのを手伝ってくれたりする。
朱の襦袢が目に眩しい。

ぼーっとして過ごしているのも申し訳ない。
ある程度解いてもらったら、あとは自力で、縄を解いていく。
以前は縄抜けしていたけど、それやると解くのがものすごくめんどくさくなることを知ったので・・・

SMプレイをすることなど皆無である。
それでも欲望に身を任せてしまいたいと思うことが稀にあり、そのあたりのコントロールって全然効かないから辟易する。
欲望は嵐のように身体の中をめちゃめちゃに吹き荒れている。
そうなったら、数時間、数日間でも小さく蹲り、堪え、やり過ごすしかない。

マゾとしての自分のどうしようもなさ・・呆れるところ。
それは自分を手放してしまう都合の良さだ。
相手に全てを委ねてしまう気持ちよさは、好きじゃない。
それなら、あたしは相手を喜ばせるほうを選ぶ。
(まだS転とか言ってんのかって各所から呆れられそうですけど。わりと気長にしかし着々とイメージは出来つつある。アタシが為り得るのは加虐する者としてのSじゃない。おもてなしのSだ。だれか喜んでくれたらいいなあっていう希望は捨てていない。今年のめあてはこれでいきます。修行するよー!)

川は流れている。
ボートは進んでいる。
G_6893.jpg


IMG_6900.jpg


IMG_6944.jpg


IMG_6921.jpg

前半、襦袢の写真は オニムラさん
緊縛はatelier縛の宗一郎さん
後半、黒いドレスでの撮影はフォトグラファー黒井晃さん。
緊縛は黒井さんのお友達、大変な腕利きさんでした。お名前を出せず残念!

テーマ:SM・緊縛・写真 - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりにコメさせていただきます。

Sはおもてなしですか。
サービスのS、身勝手のMとはよく言いますが、ねずみこさん、少しも身勝手に見えません。
自分の何もかもを委ねることを良しとされない気高さに心から感服します。

でも、逆さ吊りのねずみこさん、本当に綺麗ですよ。
Sの方なら、責めを受けられる時間くらい他の人への気配りはほどほどに100%被虐の世界におられてもいいのに、と思うかもしれませんね。
(何も知らない人間が出すぎたことを書いて申し訳ありません)

あと、欲望の嵐にじっと耐えておられるねずみこさんは、きっと無愛想で可愛いかな、と。
(ますます申し訳ありません)

こちらのブログはずっと楽しみに拝見させていただいてます。
最近になって、写真ブログをされていることも知りました。
京都の写真と文章、いい雰囲気ですね。
私は元・京都の住民ですが、並の地元民よりもずっと深く風物を感じておられるのを羨ましく思いました。

82475さま

ご丁寧なコメントをいただき、本当にありがとうございます。
ほんとに縄が掛かってる間は無表情でダメなマネキンなんですけど、も、もしかしてお会いしたことあります?!
(あ、だったら身勝手なのバレてるなー…失礼しましたっ)

男性の感じてる顔がすごく、すごく好きなんです。
でも、自分の皮膚感覚がオーバーフローしちゃうと動けなくなるんですよー(>_<)なんて使えないんだっっ
ほんと、要修行です(笑)
サディストさんのストイックさは真似できないっっ

京都の日記にもご感想いただき、嬉しかったです!感謝いたします。

綺麗な絵だなー
今回のような肌を出さない
縛りも良いですね

たすくさん

ありがとうございます、嬉しいですー♪
以前の撮影はヌードばっかりだったんですけど、怖いもの知らずでしたねー^^;
馬子にも衣装です☆

真輝です。
いつもブログを拝見させていただいております。
縄縛られるという感覚をとても伝わってくる内容でした。
あ~こんな感じなんだって自分も縛られてたくなりますね。
また縛られるねずみこさんを生で見てみたいです。
本当に縄師の方との阿吽の呼吸と信頼関係なんですね。
私も一度縄を勉強してみようかしら★

真輝さん

コメントありがとうございます!ご覧いただけて嬉しいです♪
人によって感覚も違うみたいですが、私はわりとボーっとします^^;あぶないっ
なかなか、楽しいです☆ただ、(プロが縛ったとしても)怪我がつきものなのはスポーツと同じでありまして・・自分も何度か大きな怪我をしているのであんまりおススメできるものでもなかったり(泣)縛ったり縛られたり、かるーいところから始めてみてはいかがでしょうか♪絶対、縄が似合うと思うんですよねーっスタイルいいんだもん!
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク