FC2ブログ

田作

 年末になると立派なニボシを買ってくる。普段づかいのものとは違う大きめのものだ。それだけでじゅうぶんに美味しい。いや、むしろ、手をかけないほうがずっとおいしい。それなのに。
 新聞紙の上にニボシを広げて、紛れているゴミや、欠けている頭を取り除く。それから、雪平鍋に放り込んで石油ストーブの上で炒る。お醤油と砂糖を入れてからめる。大人の男の人はこれが大好きだった。お正月をすぎても2週間くらいは食べ続けられるように、たくさんたくさん作っておく。一族の男どもが次々に挨拶にやってきて、お酒と一緒につまんでいく。
 家族の女たちが総出で作ったおせちはどれも好きだったけれど、これだけは苦くて食べられなかった。大人になって、もう味覚も育っているはずだけれど、未だに不味いと思う。
 そんな話を飲み屋でしていて、「じゃあおいしいのを食べさせてあげるよ」と、後日いただいたのは小さくて細長いビンに入ったそれである。
 食べてみると苦みが無く、さっぱりした甘さ。わざわざ百貨店で買い求めた高級品であるらしい。田作が売ってることにも驚いたけど、自家製よりずいぶん食べやすくてさらにびっくり。おいしいごまめを、はじめて食べた。
 ごまめの嫌いな男を見たことがない。バレンタインの贈答品であるなら、チョコレートより田作りのほうが好適かもしれぬ。
手作りでもチョコレートと同程度の手間であろうし、デパートの佃煮屋なら高級感もじゅうぶんである。
 いかがでしょう?
DSC02528.jpg

DSC02530.jpg

DSC02533.jpg

DSC02541.jpg

DSC02551.jpg

DSC02556.jpg

DSC02557.jpg
photography 淳(@nezuusa1)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさま

嬉しいお言葉、頂戴いたしました。ありがとうございます!
エロスを表現するのが不得手なので、そう言っていただけると脱いだ甲斐があったなあと思うのです。

白拍子

ねずみこさん、こんばんは。
田作り、手作りって本格的ですね。
作った事ないですが、難しそうです。
ハラリと脱いだ白拍子の
すすきの舞いみたく、綺麗ですね。

Re: 白拍子

柊さん
一度は巫女さんスタイルしてみたかったですねえ(笑)
白拍子はゾクゾクさせられる存在です。惹かれます。唄と舞と色。

確かに・・・

 私もごまめは好物ですね(笑)
 多少苦味は慣れてますので気になりませんね。

 余りお酒は飲めませんから私はご飯のおかずにしてますよ。

 煮物が上手い女性はもてますよ(笑)

Re: 確かに・・・

コンテさん
やっぱりー!

苦味は大人の味覚と言いますもんね。私はダメだなあー。ゴーヤもほんのり苦いくらいじゃないと食べられないし。。
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク