FC2ブログ

濹東綺譚

通勤途中、たいてい何か読んでいる。
たとえば、春から夏にかけては、オカルトもの。
ホラーイベントの案内人をするようになってから、もう毎年の恒例である。
小説や民俗学、犯罪関連の書籍をまず当たり、それ以外にもヒントが落ちていないかと、神頼み的にウェブの世界も彷徨う。

投稿サイトを見ると、面白いことに、毎日毎日、読み切れないほどの投稿がある。
さすが、魑魅魍魎なインターネットの海。すさまじい玉石混合具合ではあるが、「あれ、これ読んだことあるなあ」というものもいくつか遭遇する。
そう。名作は生き残るのだ。有名どころでは「きさらぎ駅」とかですよね。「ことりばこ」とか、「幽霊だけど質問ある?」とか。定番のものは目にする確率も高い。

この夏、面白いと思ったのは、「事故で死にかけてから幽霊見えるようになった人の話」
投稿者に質問しながら、一か月くらい続いているやりとりが結構リアルでついつい読んでしまう)
興味ある方、覗いてみてください。
http://www.mononokereport.com/entry/2016/06/04/121349

まだまだ暑いけど、気分的にはもう中秋の名月だ。
オカルトは卒業して、Kindleの小説を心行くまで読むとしよう。
近面白いと思ったのは永井荷風の小説、濹東綺譚だ。
きっかけは、twitterで流れて来た一枚の写真である。浅草のストリップ小屋の楽屋に、半裸で舞台化粧を施した女性たちに囲まれるスーツ姿の作家の姿があまりにも瓢々としていて、その写真の解説には「文化勲章を受章した当時の記録」とある。文化勲章とストリップ。あまり親和性のない単語に思える。

舞台は、東向島である。
この界隈は、以前、仕事で何度も転車で走り回っていたところだ。
永井氏の文章は昨日書かれたそれのように新鮮で読みやすく、特にこの地域のことをつぶさに書いている。愛着があったのだろうか。残念ながら、街並みに面影は残されていない。僅か六十年の間に、路面電車は無くなり、寄席はスーパーマーケットに替わっている。当たり前のことだ。永井氏の文章があまりにも瑞々しいために、つい、彼が目にした「玉の井」の風景を私も覗き見たくなってしまうけれど。

当時、この辺りの女性の一割ほどは、日本髪を結っていたそうだ。信じられない。
傘を貸した女性に手を引かれて雨宿りをする作家。彼女は髪結いからの帰りで、島田髷には銀糸が結ばれている。仕事の準備をするために単衣を肩まで下げ、首の下からおしろいを刷毛で塗っていく。この場面がとても好きだ。
DSC06550.jpg
紅茶と梨。それに本があれば。何とも満ち足りた夜。


ランキングに参加しております。よろしかったらひと押しなりとしてくださいまし。

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

秋ですから・・・

 食欲の秋
 読書の秋
 運動の秋

 ですね(笑)

Re: 秋ですから・・・

コンテさん
そーだ!運動しなきゃー。
天高くネズミも肥えてしまいますう・・あーおいしい。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 犬も歩けば

鍵コメントさん
成瀬さんの映画、調べてみます!ご教授ありがとうございます。
本当に、東京23区だけ見ても、西と東ではずいぶん違いますね。すごく狭い範囲で街並みも車も人々の服装から言葉遣いまで違う。私は東でしか息が出来ません(笑)
赤羽も好きな町です。あまり遊んでないので今度探検してみます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: そぞろ歩き

鍵コメントさま
いえいえ、きっと、東京の西はいいところですよ。評価額も圧倒的に高いし!
私が偏屈なのは、自分でも自覚しているんです。いちおう。
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク