FC2ブログ

ゼンタイ×くすぐり

20秒間のフリップフラップ。もし、「くすぐり」の4文字に惹かれる、またはドキッとする、そんな方には是非ご覧いただきたい。ヤラセなしの実験台になってきました。

Tickling flip book from nezumiko on Vimeo.


フェチフェス、くすぐりがすきなんです(KS)ブースにお邪魔してきました。実は、これらの写真を撮ってくださったのもKSのメンバーの方です。こんなにたくさん撮ってくださるなんてー!ありがとうございました。

今回のフェチフェスでは、「完全拘束×くすぐり」なるものを提案しておられた。
まず、手枷を付けられた段階で、すでにドキドキするう・・!このジェットコースター直前のような胸の高鳴りは、自分がそっち系変態だからでしょうか・・パブロフの犬、みたいな。あー恥ずかしい。
DSC_0467.jpg
足も開かれて固定。相当に恥ずかしい体勢である。
DSC_0473.jpg
後ろから見ると、こう。麻縄で縛られてる感覚に、相当近い。既視感がものすごい。しかもあっという間。時間も技術もいらないが、これを開発する頭脳は素晴らしい。
DSC_0476.jpg
この時点で心拍数かなり上がっているのに、いよいよ、きます!90秒間のくすぐりタイム。
お相手してくださるのは、ひめりんごさんと、サキ子さん。二人とも、美しすぎるくすぐり女子です。どうなっているのか。
DSC_0477.jpg
いよいよスタート。まずはわきばらから。いきなり悲鳴でました。防御できないのに、いちばん弱点のわきばらを激烈に責めるお二人。サディストか。お顔が不自然に下を向いているのは、カメラさんの指示です。個人情報大事!
DSC_0479.jpg
身をよじっても、無駄。呼吸がしんどい・・ひくひくする。これってやっぱりSMじゃないのか。
DSC_0480.jpg
足の裏、こんなに弱いとはしらなかった。このあたりで50秒くらいでしょうか・・意識がもうろうとしてくる。
DSC_0485.jpg
写真を見ているだけで、あの時の刺激が自動的に再生されて身悶えしそうになる。ツライ・・
DSC_0487.jpg
永遠かと思われた90秒であった。体力、精神力ともに削がれてへろへろである。
凄く楽しかったけどね!でも私はやっぱり「ぐり」ですね。逆襲できなかったのが無念極まりない。あー、くすぐりたい!

KSさん、素敵なおもてなしをしてくださって、本当にありがとうございました。
くすぐりフェチが気になった方は、是非こちらをチェックしてみてくだされ。これこそ、まさに真の同好会かと。彼らは本気です。
くすぐりが好きなんです公式ブログ
http://ameblo.jp/tickleloveheart/

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

かなりニヤニヤしながら見てしまいました^^
想像しただけでも面白過ぎ!
やる方はもちろん楽しいと思いますが、やられる方になるのを想像し、ヘロヘロになるまでくすぐられるってどんなだろう(@_@)って恐いもの見たさのような心境になりました(^-^)

ビキニストさん

ビキニストさん、絶対、体験したほうがいいですよー!感度良さそうな予感でいっぱいです。SMに親和性のある方は皮膚感覚で楽しめると思うんです。あー、くすぐってさしあげたい!(あの拘束感がまた良いんですよー!)

現地で見ておりました。
相当くすぐったがっていましたね。内心もっとやれ!と思っていました笑
くすぐり&ゼンタイの親和性もいいなぁと。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ゆー。 さん

おお!フェチフェスにお越しくださってありがとうございました!
ゼンタイだと、くすぐりやすさもひとしおだと思うんですよね~。布もひっかかりがないし、薄いし。
あれ以上はほんと、腹筋的な意味でしんどいです・・あー思い出してもくすぐったい

鍵コメントさま

おおおー!それは嬉しいです♪ありがとうございます。
反応していただけるのが何よりです。
もともと、「責める派」なんですよ~。ゼンタイやラバーでのスキンシップはもちろん、くすぐりも。実は。

「くす」と「ぐり」の作法

ねずみこさん、こんばんは。
フェチフェス未経験なのですが、
この「くすぐり」フェチさん達の確か昨年も日記に書かれてましたか?
作法がとても気になりました。
拘束して、責め方とかに決め事があるのでしょうか。何処から何処へくすぐるとか、
ゼンタイ×くすぐりのフェチ対決って面白いですね。悲鳴笑いが聞こえそうで楽しそうです。

追伸,サンマの焼き方参考に、ありがとうございます。

Re: 「くす」と「ぐり」の作法

柊さん
柊さんらしいご質問、本当に感謝です。これ、日記のなかで書けばよかったなあ。
たぶん、今の情勢的に、緊縛や拘束で「ケガ、ダメ、絶対」な空気があると思うんです。で、彼らはそれを強く感じていて、安全な拘束とは何か、な方向にエネルギーを向けていました。
あと1つ、マナーという意味では、私たちゼンタイと同じで、こういうオープンな場所では胸や下半身、秘部周辺は触れない、というところですね。それでも十分に楽しめるのがくすぐりであり、ゼンタイスリスリであるという姿勢でしょうか。
密室でのプレイはもちろん、その限りではありません。SMショーと同じです。うふふ。
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク