FC2ブログ

着物と縄

新年三日は鹿鳴館サロンで過ごすことに決めている。なぜなら年に一度の「カードトーク」があるからだ。
カードの裏には例えば「夕焼け」とか「家族」とか「愛」とか「主従」とか「熱い」とか「雨」とか、そういうのが書いてある。参加者はそれを引いて、そのキーワードをヒントに自分のことを語る。それが鹿鳴館流のカードトークである。
何故このイベントが好きなのか。それは、意外と普段、(BDSMとフェティッシュ文学がテーマの店であったとしても)自分の性癖について語ったりはしないからである。たぶん「そういうこと」に興味があるからこのサロンに集っているのだろうし、「そういうこと」にが話題になることも多いが、自分のことを語る人はそんなに多くない。常連さんであっても「この人ってどんな性癖なんだろう」と思うような謎に包まれた人もけっこういる。聞き上手な人も多いしね。自分のことを語りたがる人ばかりではない。
しかし、カードは平等に配られる。この日だけは、謎に包まれたあの人やこの人の自分語りが聞けるわけである。
沈黙は金、とは良くいったものだ。普段、自分のことを語らない人のカードトークは、面白い。じっくりと聴きたくなるし、質問もしたくなる。語らないから経験が無いわけではないし、話さないから話が下手なわけでもない。いや、静かに、とつとつと話す人が好きだからかもしれない。

鹿鳴館サロン、行ってみたいけど敷居が高いなあ・・という人は正月三日のカードトーク、おススメです。どんな人が集ってるのか、よくわかる一日である。(あ、いや、一年後は先すぎた。お声かけくだされば、初めての人も居心地の良さそうな日をご案内いたします)

この日は、戯れに着物など着て行ったのだ。風が冷たく、強い日であったので襟巻を巻いて。羽織りも着た。エレベーターの中で自撮りなんてしたのも初めてだ。いろいろテキトウなのは、酉年も緩く生きていくべしという天のお告げか。(毎年ゆるゆるです)
DSC_0648.jpg
アレですよね。帯とか襟元とか、だいぶ自信が無いのだが、こうやってしまえば全て隠れるので、初心者のお出かけは冬がおすすめでありますよ。(今日はおすすめばっかりだな。でも対象の人は読んでないから意味無いだろうなあ)
ていうかね、羽織りの紐って結ぶの意外と難しいんだよ~。それなのに頼みのYoutubeにも落ちてない。
40年くらい前の本(母親の)を引っ張り出してきて、図解されたそれをやってみたりして。不安でたまらないよ!
しかも、そこまでしたのに、到着後まもなくお太鼓が解けて舞衣さんに直してもらったよ。←たぶん、帯の締め方が間違っていたと思われる。
舞衣さんの着付けをされていると、ぎゅっと力がピンポイントで入ってくる。そのありようが、緊縛とそっくりなのだ。まあ、やってることは同じなわけだから当然だけど。身体に紐状のものを巻きつけて落ちないように止めておくという作業の連続だものね。緩急のリズムといったら、これはマゾなら間違いなく、垂涎ものである。
舞衣さんは逆に、着付けをされていて、ぐらっときたことがあるそうだ。ぎゅうううっと、きつくきつく締めあげられる踊り子だった舞衣さん。その状況だけで抜けそうだよね。これもまた、垂涎。

舞衣さんのお太鼓の作り方は、死んだ母親と同じだった。後ろで一度、しっかりと結ぶ。
そんなこと、よく思い出したなと思う。母親の着付けを最後に見たのは、まだ私が十かそこらのことだ。
帯を直してもらいながら、私もその結び方を引き継ごうと思った。舞衣さん、ありがとう。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですね、乳房をさらしで締めて
帯、帯留めで動きを制限するように締めるのは緊縛なのかも。
力任せに締め上げるのではなく動きを制限する締め方。
私も彼女もたまに和装しますが
制限された動きに所作の美しさや色気を感じます。
正月に和服の彼女と着崩さないようにまぐわうのもまた一興ですし。

ORION さん

わわわ。お二人とも、和装されるんですね。いいなあー!
私も、彼がお茶の達人なので教えてもらうんですが、「制限された動き」の美しさはわかります。それが日本の所作の洗練だと感じます。
和装が乱れぬようにまぐわう・・失礼ながら、想像してハアハアしてしまいました。すてきー!!はあはあ。

結び

ねずみこさん、こんばんは
本年も ゆるゆる 宜しくお願いします。

着付けと緊縛は本当に似てますよね
襟巻きと羽織、紫系の柄でしょうか。
帯の黄緑と素敵ですね

舞衣さんの着付けで
ご母堂の結びを思い出されたのも
何かのご縁でしょうか。

年始めに良いお話を伺いました。
ありがとうございます。
良い一年になりますように。

Re: 結び

柊さん
あたたかいコメント、嬉しいです。ありがとうございます。
母のことは、そんなことを覚えていたのも不思議で。着物に興味のある子供ではなかったのですが。こういうのをフラッシュバックというのでしょうか。舞衣さんのおかげですね。しっかりとキツめに締めるのも、そういえば母と同じでした。
着物は、暖色で揃えてみました。帯だけがちょっと違うのですが、赤から茶色、紫も赤に近いようなところで。寒い日だったのです。それにしても、着物にマフラーは、ちゃんとした方から見たら眉をひそめられそうです。。。

はあはあしていただいたので

連コメ失礼します。
八ツ口から手を差し入れて乳房をまさぐるのも好きなんですよ。
とくに後ろから柔らかく身を合わせて手を入れると衣擦れの音にも欲情しますし。
散歩の時に襟元から手を入れると襟元が乱れるのでこちらは×です。
裾や八ツ口から覗く襦袢の差し色も、またエロスですね〜。
和のまぐわいもまた欲情をそそられます。

Re: はあはあしていただいたので

オリオンさん
八つ口、という言葉を知ってらっしゃるのがすごいです!
私は、裾が萌え萌えです。着物が乱れて、足袋と着物の間のチラリズムでしょうか。
ああ~。後ろから手を差し入れるって、リアルで見たこと無いです!はあはあ。見てみたい~!!
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク