FC2ブログ

覗き見る

DSC08911.jpg
K教授から渡されたメモに従い、屋根裏から洋箪笥に忍び込む。
隙間からベッドルームを覗くと、女の背中がぼやけて見えた。教授の妻であるI子に間違いは無かった。
DSC08912.jpg
目が光に慣れると、その背中は何も身につけていないことが見て取れた。
そればかりか、異常なことに、I子の身体にはきつく麻縄が巻かれ、手首が後ろ手に縛られている様子である。

手元のイコン・ツァイスには、二時間前、同じ部屋でI子と二人きりで過ごした時の写真がある。
体を小さく屈め、洋箪笥の隙間から撮るのとは違う、自由に動いて彼女の姿態を思うさまファインダーに収めることができたのだ。
しかし、今、自分の感情に正直になるならば、決して音を立てずに、教授とその妻のこれからの姿態を収めねばならない、その任務に自分は興奮を覚える。
彼女の身体の、驚くべき性能を知ってしまった今では、尚のことである。
DSC08900_20170722195059bfd.jpg

DSC08887.jpg
photo by Jun.
今月27日は、鹿鳴館サロンのイベント、谷崎潤一郎の「鍵」の感想会に行ってみようと思う。
谷崎の文章はどうにも読みにくくて避けてきたのだが、この小説に関しては平易な日本語でもあり、読みやすい。

もちろん、上の駄文は「鍵」とは無縁のものだ。
「鍵」を読んでいて、ずっと既視感があったので、そのイメージを書き留めたにすぎない。

数十年前、欧米での事件で、屋根裏に間男を住まわせ、何十年も同居していたという話を読んだことがあった。
大変に興奮したのだが、結局、夫の死後、間男と晴れて結婚した女は、年下の新しい夫との生活が上手く行かず、あっという間に破綻したという。
数十年、その不自由な生活に耐えてなお余りある、男の異常な享楽のみなもとは、その「覗き見」だったのだろうか。

さてと、次は「卍」を読んでみようかな。

鹿鳴館サロンHP
http://rokumeikans.net/index.html

テーマ:SM・緊縛 - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

穴の丸

鼠子さん こんにちは。

覗きは、昂りますよね
障害や障壁あるからのエロスかと。

一枚目の写真が照明といい、雰囲気ありますね
壁穴?椅子の背もたれ越しでしょうか。

水玉パンツのドット穴も気になりました(笑)
変態は穴に惹かれるのかなぁ。

ご馳走様でした。

Re: 穴の丸

柊さん
こんにちは。コメントありがとうございます。
そうそう、正解~です!椅子の背もたれが、虫食いのようなチーズのような、不気味な感じで面白かったの。
パンツの水玉ははずかしーですね(笑)
衣装じゃなくて、普段使いのコットンのパンツなので。。。
SMよりなにより、こういうのが一番羞恥プレイだなー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

覗きみる世界。

 ☆ジャム猫☆で~す、こんにちは~ww ねずみこさん^^
 本当に大まかですけど、こうゆうブログ自体も最初の所は「覗き観た世界」なんじゃないかなって思ったり。コメントが出来るかどうかの違いで、我々はねずみこさんの書いた「思考」覗いているのですよ(笑)。
 これは、考え方によってはものすごく「いやらしい」事をしているのかも? です。その人の人格や思考をじろ~って観ているのと同じ様なものかも知れませんしね~ww

 普段見えないものが見える。見えてしまう。
 それがテンションやらモチベーションの向上へと繋がる。言ってしまえば、好奇心を刺激してるんですよねww
 うん。素敵です、ねずみこさん(^_^)

Re: 同業異種

おおっと、鍵コメントさんは、複数プレイの経験がおありでしょうか。
あれは、難しいものです・・妄想のままにしておいたほうがいいプレイナンバーワンな気がします(笑)
ちなみに、次点はSMプレイでしょうか・・これも妄想のほうがいいかんじ。ただし、数こなすとそのうち大当たりがあったりして侮れません。
私にはいまひとつピンとこないんですが、気持ちの乗せ方が難しいような気がしました。小説だからいいのかなあー。
谷崎作品は、今やっと読む精神が追いついたような気がします。
十代のころに細雪で挫折して(とても読めなかった。つまらなくて)でも今は、鍵、恐怖、秘密、と読み進めています。
細雪も、そういうエピソードを伺うと、読んでみたくなるんですよね。ありがとうございます。

Re: 覗きみる世界。

ジャム猫さん
刺激的なコメント、ありがとうございます。
それはもう、逆の意味もあるんですよね。
コメントをいただくことで、私もまた、ジャム猫さんを見るっていう(笑)
この相互交流こそがブログの醍醐味であります。
また、公開コメントにしていただいているのもありがたいです。たまに、コメントしてくださる方の相互の化学反応みたいなものがあったりするので、そういうのはブログを運営している上で何よりの励みになるんです。
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク