FC2ブログ

停電の夜に

停電の夜に
停電の夜に
ジュンパ・ラヒリさんの短編集です。
著者は、ベンガル系アメリカ人の女性作家です。9本の短編のうちいくつかはインド、それ以外は
アメリカが舞台となっている。
主人公はベンガル人、インド人、パキスタン人、と書かれていて、今まで一緒にまとめて「インド人」だと思っていた私は目からウロコが落ちた。

クールでスマートなインド系の男性像が描かれている。
彼らは香水を付け、明るいピンク系のシャツや、グリーンや明るい茶色のスーツに身を包んでいる。

リアルでも、地下鉄で乗り合わせることの多い、(おそらく)インド系の男性がいる。彼は独特の香りを纏って、明るい色のスーツがとても良く似合っていて、とても目立つ。「セクシー」の主人公によく似ている、と思う。

「スーツ」は男性を最も引き立たせる衣装だと思う。自分を良く知っていて、自分らしさをスーツで表現できている男性や、無難じゃないスーツ姿で成功している男の子を見ると、やるなあ、と口笛を吹きたくなる。それが年配の方だったりすると、もう惚れ惚れする。

「三度目で最後の大陸」
イギリスに、そしてアメリカに身一つで渡ったインド系の男性のもとに花嫁が訪ねてくるという話です。
初めて目にする花嫁を、冷静に見る男。(そりゃあ、そうですよね。初めて会ったんだから。)
でも、一緒に暮らすうちに、少しずつ知り合い、親しみを憶えていく過程が丁寧に描かれています。
ドラマチックな場面が一切無くて、本当に日常の風景が淡々と語られていくのだが。
淡々と。とはいえ、それは30年以上前の設定で、しかもアメリカの東海岸が舞台で、しかもインド人、である。まったく違う生活風景に好奇心は膨らむばかりである。

アメリカ映画を見て、広いキッチンや、巨大な冷蔵庫、ミキサーにバナナにシリアル、という風景にものすごく憧れたものだ。今は彼の国もだいぶ変わってきて、なかなか生きづらそうだな、とも思うけれども。


テーマ:官能小説 - ジャンル:アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク