FC2ブログ

あずきとカラス

小豆。ザラザラとボウルにあけると、乾いた音が高く響いてびっくりする。わざわざ妖怪が選ぶわけだ。米や大豆ではこうはいかない。
DSC06732.jpg
実は、あずき茹で初体験。びくびくしながら、ネットなど調べつつ作る。あ、この写真だと水に浸かってるけど、小豆は着けなくて良いらしいですよ。(最初に見たページが漬けるやり方だった)

なぜこんな大ごとになってしまったのか。それは、正月がおわったから。
DSC06733.jpg
パカッと。
DSC06734.jpg
小豆は一度茹でこぼして、もう一度水から煮て、仕事に行く時間になっちゃったので、あわてて炊飯器に突っ込んできた。帰ってきたら焦げもせず、いい感じに仕上がっていたので砂糖をどっさり、塩をひとつまみ。

一人暮らしでも、といただいた小さな鏡餅であったが、それでも二回分であるよ。(茹であずきは二回どころじゃない。冷蔵庫だけじゃ不安で、半分は冷凍した)自分好みの味にできて、大変に満足である。
DSC06735.jpg
さて、これからしばらく、夕飯はぜんざいです。むふふー。

上野の山は奇妙奇天烈、不思議がいっぱいである。
DSC04469.jpg
在りし日の写真が飾ってあった。確かに大仏だけど、どうにも平面的で浮き彫りみたいな仏様である。首から上がもげちゃったり、戦争で物資にされちゃったり、気の毒ではあるのだが。どうも、この不思議なのっぺりした感じが違和感が無いのだ。とはいえ、受難続きの大仏さまが、これ以上気の毒な目に合わなければいいなと思う。
近くに寄ってみると、くちびるの赤みがまだ残っていた。

DSC04466.jpg
いっしゅん、イスラムのモスクか、キリスト教の礼拝所か、と勘違いするような仏教のお堂。不思議が多い上野のお山。

こちらも。
DSC04463.jpg
オカルト好きにはたまらない、滲んだ筆のフォントに吸い寄せられてしまう。が、やたらとハトが寛いでいる他には心躍るようなアクシデントも起きず(あたりまえ)

アイドルはっけん。
DSC04455.jpg
ティーンエイジャー風。
DSC04450.jpg

DSC04456.jpg
これも、よくわからない。巨大な鈴。
DSC04444.jpg

タンブラーにもいろいろ書いた。「狐の穴」

大仏とあずきが好きな貴女は迷わずクリック!

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

謹賀新年ホラー

お正月らしく、ホラーな動画など。

holiday of the pigeon from nezumiko on Vimeo.

昨年は、数年ぶりにブログ(読むほう)にはまったりとか(現在進行形)それはやっぱりその人の衣食住が覗けるのが面白かったり、そうしたら、案の定ここも日常が増えてきたり、ますます自己満足の度合いを高めつつそれでもたまにコメントなどもらえたりして、やめる気になれない。そんなわけで、クリスマスイブにこんな写真を撮っていたりしますが、今年もまたエロい写真とかビデオとか撮りたいので、被写体になってくださる方大募集中です。(去年は一シリーズだけ載せられたのですよ。たのしかったなー)

あらためまして。
あけまして
このページをご覧の方々の一年が平和でありますように。

ちなみに、クリスマスイブに写真とりました。
DSC06698.jpg
田端駅の目の前にはすごく格好いい橋が二本見える。その橋をくぐっていくと、これまたクールなお不動さまがおられます。この時も、ちょうど妙齢のご婦人が赤い紙とお線香を持っていらしたので、慌てて退散した。調子の悪いところに貼ると身体が良くなるらしい。
DSC06696.jpg
ぎっちり貼られ過ぎな神様(右)

  ←ハト好きな貴女、ぜひ押してくだされ♪

謎の野菜

近所の八百屋は、とにかく安い。
やおや
(この絵を使うのも二度目だなー)
当然、この店の前はいつも人混み状態の人気店だが、たまにびっくりすることがある。
見たことのない野菜があったので、この野菜、何ですか、と訊ねたところ、「わかんないんだよねえ」と返ってきた!ひえー。
とにかく安く仕入れてくるらしく、丸いカゴにブロッコリースプラウトとこの謎野菜と赤ちゃんシイタケと、さらにスイートバジルが入って百円である。ちょっとしおれているが、自家用には十分なクオリティ。当然、買う。
3FCVH.jpg
押すと、ちょっと柔らかい。ピーマンか、トウガラシか?
Twitterとmixiで訪ねてみると、野菜のプロフェッショナルからコメント来た!プロ曰く、ハラペーニョっぽい、とのこと。ひゃほーい。ありがとうございます!mixiやっててよかった。
DSC_0584.jpg
割ってみると、種がみっしり詰まっている。ピーマンをものすごく爽やかにしたような香り。これはピクルスとかにしたら良さそうだなー、と言いつつ、刻んでみるとスパイシーな何かが目と鼻の粘膜を刺激する。うわあ。これ、絶対、辛いやつだ(確信)
DSC_0585.jpg
というわけで、豆とトマト、ニンニクとタマネギに鶏モモを合わせた濃厚なスープにハラペーニョを加えてさっと混ぜ、南米風スープにしてみた。昨日はリハーサルで帰りが遅かったので、スープと柿とほうじ茶で夜食。けっこう辛くてびっくり。冬の夜には最高だけどね。うんまい!


食べ物の写真がまったく美味しそうに撮れない私に憐れみのクリックをどうか!


テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

モリブデンは硬かった

ハロウィンの喧騒を横目で見ながら「チッ」とか言っていたのに(心の中で)結局当日は仕事でカボチャをかぶる羽目になり、ハロウィン商戦に関わる方々に「ごめんなさい、ウチもでした」と反省したにもかかわらず、もう翌日からクリスマスディスプレイの駅ビルを通過して再び「チッ」っと面白くない顔をして通り過ぎたその夜にクリスマスコンサートのリハで再び「ごめんなさい」と反省することになった。天に唾吐くとはまさにこのこと。おろかものめ。
何が面白くないんだか分かんないけど、何となくチャラチャラしている雰囲気が気に障るのは、そりゃあもう自分に心の余裕が無いからであろうよ。まったく恥ずかしいったらない。
DSC_0565.jpg
とは言うものの、この街はまだ全くの平常心であった。クリスマスの雰囲気、微塵も無し。この落ち着き。さすが浅草。
DSC_0564.jpg
ぺティナイフを買いに行きました。
DSC_0555.jpg
お値段、高い!!何軒かハシゴしたものの、プロ仕様なのかなんなのか、刃に美しい模様が浮き出てたり、もれなく手造りだったりして、一万円を切らない感じ。最終的に、燕三条に縁のお店で納得のいくものをおすすめされて、(素人目にはぜんぶ同じものに見える)購入した。さすが燕三条!(冬に遊びに行ったので愛着がある)刀をタオル越しに触らせてくれるんだけど、モリブデンていうのがめっちゃ硬いの!持った感じも手に馴染む。これもご縁だな-と思って決めた。
DSC_0563.jpg
町じゅう、カッパだらけ。ほんとに、十匹以上は居たなあ。
中でもいちばんイケメン?だった彼をご紹介します。鯛まで担いで、まるで大黒様かと思うような、金粉ファンにはたまらない感じの出で立ち。
DSC_0557.jpg
ちなみにその由来。カッパすぎる登場人物の多さ。
0561.jpg
白い食器だけ売っているお店があって、この町らしからぬお洒落な雰囲気。ついついボウルを買ってしまったよ。
C06569.jpg
使い初めは、柿を剥いた。
切れ味すごすぎ。たぶんこれは、手を切る予感。賭けてもいいですよ。
DSC06570.jpg

夕方、区長選挙の投票に行った。
東京23区の東のほうにある小さな区である。小さな工場が立ち並ぶ下町マイナー区。ここにもう、十数年、住んでいる。
マイナーなだけに、候補者も二名のみ。そのどちらもよく知らないというダメ社会人であった。しかしまあ、とにかく投票はしなければ。

モリブデンといったら、思い浮かぶのは犬マスクのあのハンサムさんだよー、という人は是非クリックを!

テーマ:フェチ - ジャンル:アダルト

駒込散歩


仕事でよく通り過ぎる場所。気になってついに中に入ってみた。
1476232256273.jpg

1476232178964.jpg
まだ4分咲きというところか。(今日あたり見頃らしいですよ。お近くのかたは是非)


このお屋敷の見学はかなりハードルが高い。事前の申し込みは往復はがきしか受け付けていない。
当日でも空きがあればOKということで、わざわざ平日の最終回を狙って行って良かった!無事入れました。(写真は禁止)
そして、邸内の全ての窓が全開である。これでもかっっっっていうほどに、風通しを良くしている。
そっかー。きっと、庶民の我らがアパートの部屋も、こうやっとくと良いことがあるんだよね。
真似したいけど、冬はしんどいぜ・・ていうか、ここは2月の見学もこんな感じなのだろうか。案内してくれるご婦人がものすごく華奢で(デヴィ・スカルノ夫人を華奢にして金髪にして上品にした感じ、と言ったらお分かり頂けるだろうか)心配になる。
最後に、屋敷のトイレとお風呂を見せてくれたんだけど、大理石でタイル張りで、冬はやっぱりとんでもなく寒いらしい。お気の毒である。

ビリヤード部屋につづく、テラス。部屋の中なのに噴水があるよ。どうなってるんだろうね。
1476232246922.jpg
戦後、東京都の公園になった後もこの邸宅は、今でも所有者が別だ。ツタに絡まる廃屋だった時代が続いて、ガラスも数枚を残して割れ放題だったとか。今は全ての部屋が貴婦人のようなたたずまいだけどね。いろんな仕掛けがあって、さすがコンドルさんである。面白いよ。

自分ちの庭みたいな顔してるけど、よそのお宅である。
1476232184480.jpg
古河さん(住んでた家族)には、実は恨み(?)がある。
足尾やらいわき、北茨城あたりの銅山や炭坑跡が見たくてあちこち巡ってみたことがあるのだが、古河さんは廃墟跡をそのままに放置せず、コンクリートの巨大な塊もぶっ壊して、ソーラー発電に変身していたのだった。まあ、普通に考えればそのほうが良いに決まってる。行く先々でソーラーパネルが待ち構えているのでちょっとしたトラウマになったくらいで。
1476232148094.jpg
資本主義すごいなーと思いながら広大な庭園を歩く。日本庭園では剪定している人もいて、働く仕草がカッコよくて惚れ惚れ。
1476232158303.jpg

帰り道のお風呂屋さん。遠目にもわかる立派なたたずまい。
来る時には閉まっていたシャッターも、午後3時を過ぎれば開いている。
DSC_0506.jpg
ずいぶん細長い靴入れだなーと勘違いしたこちらは、傘入れ。すてき!
DSC_0505.jpg
なんでびっくりしてるの?
DSC_0502.jpg
お地蔵様の隣にセーラー服。
悲劇の伝説があるそうです。
DSC_0509.jpg

交通安全だいじ!

テーマ:素人 - ジャンル:アダルト

プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko
フリッカー(写真おきば)
http://www.flickr.com/photos/nezumiko/
タンブラー 日常
https://www.tumblr.com/blog/nezuminoko
タンブラー 非日常
https://www.tumblr.com/blog/lamia-nezumiko


ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク