FC2ブログ

ラスト天風縛

TUNSUNCEのイベント「天風縛」にお邪魔してきた。
空気を読まずに、ゼンタイを持参。素敵なお嬢さんに着てもらったりして。
DSC01508.jpg
yukoさんに「顔を覆うのは怖いから出していてもいい?」と聞かれたのですが、もちろんです!
パーカーのフードと同じで、着用の義務はございません。首元のあたりを上手にまとめてしまえばキャットスーツになるし。
109.jpg
ね、素敵でしょう。天風縛」の名の通り、緊縛愛好家のためのイベントである。yukoさんの奥にちらっと見えているのが自分。ちなみに、縛ってるのは、yukoさんの旦那様。カップル萌えを患っているわたくし、生きてて良かったと思いました。ハアハア。

もう一人、ゆんさんにも赤いゼンタイを着ていただきまして。
DSC01460.jpg
私はゆんさんのゼンタイ姿が大好きだ。ゆんさんの感受性の豊かさ、その存在の貴重さは、音声なし、マスク越しのこの写真でも伝わる。ていうか、ゼンタイならではの色香だと思う。すてき。
DSC01469.jpg
yukoさんが初ゼンタイとは思えないくらいの攻めを展開している。
ANIMATION-iloveimg-resized.gif
連なる縄。写真館で撮る家族写真みたい。
DSC01515.jpg
この写真が好きなのは、縛ってくれたレミコさんと、しげさんが写っているから。撮ってくれたのは、全て淳さん。写ってないけど、大きな手のropeさんにもご協力いただいています。
DSC01476-ANIMATION-iloveimg-resized.gif

もう帰らなきゃっていうタイミングで、衝撃的な緊縛シーンが始まっていて、思わず帰れなくなるくらいに圧倒された。
ものすごくお洒落な顔ストッキング(おだんごヘアに巻きつけたり、猿轡にしたり)+逆さ吊り、しかも片足、それもストッキング。縛っていたのは桃香さん。モデルさんには未だご挨拶もできておらず、もったいないことをした。ゼンタイを持ち込んでおいてなんだけど、ゼンタイのフェティッシュ感はものすごく薄い(だからこそ敷居が低くて、初めての人にも受け入れられやすい)。でも顔ストッキングは、人を選ぶ。どうしても顔がつぶれて変な顔になるから。日本人の平面的な骨格なら尚更。桃香さんチームのお二人は、両人ともにストッキングというかトータルエンクロージャーに造詣が深くて、縄も本格的で、何というかヨーロッパと日本のいいとこどりみたいな世界を見たよ。後ろ髪を引かれつつ、電車に乗る。

TUNSUNCEには2度、おじゃました。つんさん、MINTさんのお二人の大らかさ、優しさに甘えて、存分に遊ばせていただいたので、この場所がもうすぐ終わってしまうことは残念でならない。2月4日の最終日には「おつかれさまでした」と心から感謝を伝えたい。この場所は無くなるけど、お二人は変わらず界隈にいてくださるそうで、なにより嬉しい。

テーマ:SM・拷問・調教・凌辱  - ジャンル:アダルト

ブログの理由

ブログの記事に、二人の方からコメントをいただいた。
どちらも、ご自身の内側、柔らかい部分を綴ってくださったもので、読んでいて胸が熱くなった。
ブログは、相互通行だから、そして、残るものだ。それが魅力で止められないのだと思う。
私が書いていることなど、取るに足らないことなのだ。毒にも薬にもならぬこと、それがこのブログ。←意味あるのか?
にもかかわらず、私には吐き出さねばならぬ業があって、それは必然なのだが、デフォルメしたり過去や現在を混ぜたり、事実や妄想を混ぜこぜにしてオーブンで20分ほど焼き上げたものがこちらになります。
そのパンくずの一かけらに、化学反応を起こしてくださる方が、きっとコメントをくださるのだろうと思っている。
(読みっぱなしのブログのどれだけ多いことか。コメントって、けっこう、エネルギー使いますよね?)
だから、ありがたい。
そして、そういうものに連続で二つも出会うことなど、稀有なことなのだ。

年明け、ブログのリンク先を整理していて、今年は特に、繋がらないところが多かった。
ブログの時代はとうの昔に終わっていて、時代遅れの自分ですら、複数のSNSに手を出しているわけだが。
そして、「そろそろ、ブログを辞めてSNS一本にしようかなあ」と思ったりしていた矢先のことだった。

こうやって、ずるずる、続いていくわけですよね。
惰性で、コケコッコウですよう。
お付き合いくださる方には、本当に足を向けては寝られません。
心より感謝申し上げます。

ねずみこ拝

テーマ:普通の女の子 - ジャンル:アダルト

肛門と料理

ふと見ると風呂場の扉が開いていた。
中を覗くと、湯船のへりに紫色のディルドが置かれている。
6722_1.jpg

続きを読む»

テーマ:今夜のおかず - ジャンル:アダルト

同棲時代

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
プロフィール

鼠子

Author:鼠子
音楽と東京を謳歌する変な人。ルーツはSMだけどゼンタイ、W&Mなど、皮膚感覚とアングラを愛してます。趣味は18禁なドキュメンタリーを撮影すること。blogでは過去と現在、現実と非現実、日常と非日常のコラージュをお届け中。のんびりふらふら放浪してます。ブログのご感想など、メールでもお待ちしております。こちらからお願いします。
ツイッター @nezuminoko

ランキングに参加しています。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
ブログ内検索
リンク